メールアドレススマホ 電話番号スマホ
メニュー
  1. ホーム >
  2. クレジットカード現金化マニュアル

【永久保存版】
クレジットカードの現金化を詳しく知ろう!

クレジットカードとお金

クレジットカード現金化は、あなたの持っているクレジットカードのショッピング枠を現金に換えるサービスです。

あなたは、このサービスを知った時の第一印象を覚えていますか??

「なんだか怪しい…」
「インターネットで注意喚起していた!」
「違法でしょ?」

多くの方がこのようなネガティブなイメージを抱いていると思います。

まず、イメージが良い悪いに関わらずショッピング枠を使った分(決済金額)は後日クレジットカード会社から必ず請求がきますので、“利用しない”に越したことはありません。

これはクレジットカード現金化に関わらず消費者金融等も利用しないのが一番でしょう。

しかし…

「現金が必要だし、現金化以外にこの危機を乗り切る方法が見つからない
「現金化したいけど、怪しいから利用を躊躇している」
「サービス内容を理解して安全なところで現金化したい

とお考えの方がほとんどだと思います。

このページでは安心してご利用頂く為にみなさんが気になっているクレジットカード現金化の様々なことを分かりやすくお伝えしていきます。

そもそもクレジットカード現金化は違法なの?合法なの?

クレジットカード現金化は違法なのか?合法なのか?

この点をインターネット上で調べてみると、違法だと言う人、違法じゃないと言う人、グレーゾーンだと言う人、 さまざまな人のさまざまな意見をみることができます。
インターネット上でも意見が分かれていることから非常に難しい問題だと言えます。
つまり見方によっては違法であるし、別の見方によっては合法であり、グレーゾーンであるということだと思います。

ただ一つハッキリしていることは「クレジットカード会社の規約上では違反」ということです。

ご存知のない方もいると思いますが、クレジットカードを申し込んだ時点で「クレジットカードの利用規約に同意している」と見なされています。
その規約の中に『会員は、現金化を目的として商品・サービスの購入などにカードのショッピング枠を使用してはならない。』とあり、規約に違反した場合は利用停止等のペナルティを受けることとなります。
この場合のペナルティは重いものだと「会員資格の剥奪」となり要するにクレジットカードを強制的に解約させられてしまいます。
クレジットカード会社から強制解約させられてしまった場合ブラックリストと呼ばれるものに載ってしまい、数年間は新たなクレジットカードを発行することができなくなるだけでなく、 住宅ローンや自動車ローンなどの審査にも影響がでてきてしまいます。

日本クレジット協会のホームページ内でもクレジットカード現金化について注意喚起をしています。
(参照:【日本クレジット協会】消費者の皆様への注意

国民生活センターでも注意喚起されています

突発的な入用にも、電話やメールだけで簡単に現金を手にすることができるサービスではありますが、 その手軽さもあってかクレジットカード会社への支払いを本人の支払い能力以上に増やしてしまい、支払いが困難になってしまった事例があります。
このような相談が国民生活センターへ持ちかけられることもあるようです。
(参照:【国民生活センター】クレジットカード現金化に関する相談

国民生活センターのホームページ内で相談されている内容をまとめると以下の通りになります。

◆借入れの申込みをしたが審査が通らずクレジットカード現金化サービスを紹介された
◆還元率が思っていたものと違ったので利用を断ったがキャンセルができないと言われた
◆住所や勤務先、クレジットカード情報を伝えてから連絡がとれなくなってしまい、開示した個人情報の扱いが心配
◆10万円振込むと言われていたが、8万円の入金しか確認できない

これらの事例は全て双方の合意が成立していない違法なもので、悪徳業者だと言えます。
(悪徳業者については、悪徳業者の手口と対策は?で詳しく解説しています)

このような相談事例があり、クレジットカード会社の規定で禁止しているサービスであることから国民生活センターでも「利用しないでください」と 注意を促してはいますが「クレジットカード現金化サービスは違法」とは紹介してはいませんので、やはり違法性はないと考えられます。

以上のことから違法性がないとはいえ、クレジットカードのショッピング枠を現金化することによって、何かしらのリスクは発生してしまいます。
しかし現金化の方法によっては、そのリスクを限りなくゼロに抑えることは可能です

総量規制について

総量規制について

「総量規制」という言葉をご存知でしょうか?

総量規制とは簡単に言うと、年収の3分の1までしか借入れができないというもので、 例えば年収300万円の人の借入れ限度額は100万円という仕組みのことです。

さらに今では、1社で50万円か他社と合わせて100万円を超える借入れをする場合には源泉徴収票などの提出が義務付けられるようにもなりました。

※住宅・リフォームローンのつなぎ融資、高額医療費の貸付け、有価証券・居宅以外の不動産担保の貸付けは総量規制の対象外とされています

総量規制をクリアしても借入れができるわけではない!

年収の3分の1までで、さらに50万円以内であれば簡単に借りることができそうなイメージですが、実際はそんなに甘いものではありません。

現金化と違い消費者金融を利用する場合は必ず審査がありますので、 極端な話しですが年収300万円の人でも1円も借りることができないこともあり、最終的には消費者金融の審査次第なのです。

総量規制と現金化の関係

クレジットカード現金化サービスの場合、この総量規制は当てはまりません。

それはショッピング枠を現金に換えるサービスの為、現金化サービス自体が貸金業とは異なるからです。

その為、既に消費者金融からの借入れがある人や、求職中・主婦の人でも煩わしい審査など一切なく現金を作ることができます。

クーリングオフできるの?

クーリングオフできるの?

クーリングオフは消費者を守る為にできた法律の一つで 「一定期間中(通常8日、マルチ商法は20日以内)に無条件で契約の即日解除・解約ができる」 というものです。

「現金化したけど、やっぱりやめたい!そうだ、クーリングオフがあるじゃん!!」 と考える人もいるかもしれませんが、結論からお伝えするとクレジットカード現金化はクーリングオフの対象外です。
その理由として、クーリングオフの適用条件を満たしていないことが挙げられます。
クーリングオフの適用条件は以下のものになります。

【条件1】利用者が消費者であること
【条件2】訪問販売か電話勧誘販売であること

クーリングオフとは「自らの意思で購入(契約)をするつもりがなかったが、購入(契約)してしまったもの」に対して適用されるもので消費者の立場が弱くなってしまった時に守る法律です。

例えば街を歩いていたら声を掛けられ、そのままお店などに連れて行かれて商品を購入してしまった場合はクーリングオフの対象となります。

しかし、自らの意思で店へ行き、欲しい商品を購入した場合はクーリングオフの対象外となります(返品に応じてくれるお店もあると思いますがクーリングオフが適用されているわけではありません)。

クレジットカード現金化サービスも同様で、「自らの意思で申し込みをしている」場合にはクーリングオフは適用されません。

以外に知らない?メリットとデメリット

メリットとデメリット
☆メリット☆

・審査などの面倒な手続きが要らない

・信用情報機関に記録が残らない

・家族などに知られることなく現金が作れる

・来店不要の業者であれば空いた時間に申し込めば指定口座へ振込んでもらえる

・借入れでない為、総量規制の対象外

・クレジットカードのポイントが貯まる

これらのメリットは多くの現金化業者のホームページでも大々的にアピールしていることもあり、知っている方も多いと思います。 どのサービスにも共通して言えることでもありますが、現金化サービスにもデメリットはあります。

×デメリット×

・クレジットカードのショッピング枠がないと利用できない

・手数料がかかる

・決済金額を分割やリボ払いにすると最終的にクレジットカード会社へ決済金額以上支払わなければならない

・クレジットカード会社へ利用がバレるとペナルティをうける

・利用に慣れると『貯金を下している』感覚になりがち

・悪徳業者が存在する

利用金額が大きい場合、利用頻度が多い場合、ジョイフルでは利用目的などをヒアリングし、それに伴ったアドバイスさせて頂くようにしていますが、 国民生活センターへの相談事例があるように、使い方次第では「いつの間に○○円も使っただろう?」なんてことにもなりかねません。 ご自身の支払い能力を考えたうえでの利用をお願い致します。

現金化の方法について

現金化の方法について

現金化するにあたって『買取り方式』『キャッシュバック方式』と呼ばれているものがあります。

【買取り方式とは?】

換金性の高い商品(アマゾンギフト券や新幹線のチケット等)をクレジットカードで購入し、業者にその商品を買い取ってもらう方法

【キャッシュバック方式とは?】

キャッシュバック付き商品を購入し商品と同時に特典として現金を受け取る方法

ショッピング枠を現金化する場合、この二つのうちのどちらかの手法を使うことになります。

買取り方式にしてもキャッシュバック方式にしても、利用方法を間違えてしまうと、クレジットカードの利用停止等のリスクが高まってしまうので注意が必要です。

まず買取り方式の場合、購入した商品を買い取ってもらうわけですので、一度購入した商品を、購入者の手元に置く必要があります。

商品を購入→商品が届く→業者へ渡す(持参or郵送)→現金化受け取り

となりますので、来店しないで利用すると数分で現金を受け取ることは不可能です。

しかし、違法性の高い業者では架空決済をして現金を振込む業者が存在します。

つまり利用者へ商品を届けたことにして現金を振込んでしまうのです。

これは売買自体が成立してない為、現金化業者だけでなく利用者にとってもハイリスクな方法です。

買取り方式で利用される商品とは?

一般的に買取り方式で現金化する際に扱う商品についてご説明いたします。

ブランド品やゲーム機やゲームソフト

昔から有名なのがブランド品やゲーム機・ゲームソフトです。
これはクレジットカード現金化に関わらず、お金に困った時に質屋などへ足を運んで査定をしてもらったり買い取ってもらった経験があるのではないでしょうか。
もちろん、未使用品であれば一番高額で買い取ってはもらえますが、中古品でも現金に換えることができるのが魅力です。
しかし、ブランド品やゲーム類と言っても、モノによって買取り率が異なり、基本的に現在流行していて、認知度の高いものが買取率が高くなっています。

ブランド品では主に次のブランドが換金性の高いブランドだと言われています。

◆ルイ・ヴィトン
◆エルメス
◆シャネル
◆ブルガリ
◆グッチ
◆ボッテガ・ベネタ
◆ロレックス

以上のブランドが認知度の高いブランドなので必然的に他のブランドと比べて換金性が高いのですが、その中でも流行中のものはさらに高い利率で取引されています。
どちらも定期的に新製品が発売されることもあり買取り価格の変動が激しいのが難点で、10万円で買い取ってもらえていたものが数日後には半額程度に下がってしまうようなケースも少なくありません。

ギフト券や新幹線のチケット

一番換金率の高い商品と言われているのが、ギフト券(商品券)や新幹線のチケットで、 この場合は現金化業者を通すことなく個人で現金化するのが一般的です。

アマゾンギフト券

アマゾンで販売しているギフト券を買い取ってもらう方法です。
アマゾンギフト券には種類があり、オンラインショップで購入する場合には以下4タイプがあります。

① Eメールタイプ
② 印刷タイプ
③ グリーティングカードタイプ
④ ボックスタイプ
⑤ チャージタイプ

タイプによって買取りを受付けていなかったり、換金率も異なります。

換金率はギフト券(商品券)や新幹線のチケットを現金化するのとさほど変わらない利率で現金化することができ、 アマゾンギフト券を使った現金化は業者を通しても、通さなくてもできます。

買取り方式を使って自分で現金化する!

現金化業者を通して現金化する場合、どうしても手数料が発生してしまいます。

手数料は数百円~数万円まで利用金額によっても異なりますが、できるなら手数料は一切払わずに少しでも多く現金を手元に残したいと思うでしょう。

実際に自分で現金化することもできます。その方法と問題点について解説していきます。

自分で現金化する方法①ブランド品やゲーム機

ブランド品の買取り

需要の高い(買取り価格の高い)ブランド品やゲームソフト等をクレジットカードで購入し、近隣の質屋や中古ゲームを扱っているお店で買い取ってもらい現金を得る方法です。

ブランド品の場合、希少なモノ(限定品やコラボ商品)で人気が高い物を購入することができれば定価以上で買い取ってもらえるケースもあり、その場合換金率は100%以上になります。

ブランド品やゲーム機の問題点

平均して70%から80%程度と換金率が高くありません。
そのうえ、価格変動が非常に激しく商品の状態によっても買取り価格が大きく左右されます。

店頭で高い買取り率の貼り紙やチラシを見て商品を持参したとしても、その価格で買い取ってもらえる保証もありません。 例えばお店側が「在庫が増えてきたから買い取率を下げる」と言ったらそれまでなのです。
もし自宅に眠っている使う予定のないブランド品やゲーム類があれば、買取り店や質屋へ持って行って現金を作るのは良いと思いますが、 これらを使ってクレジットカード現金化するのはあまり良い方法とは言えないでしょう。

自分で現金化する方法②ギフト券や新幹線のチケット

ギフト券

時期によって変動はありますが「東京~大阪」のように需要の高い新幹線のチケットを購入して自分で転売する方法です。
まず、駅で新幹線のチケットを希望金額分購入し、そのまま近隣のチケットショップで買い取ってもらいます。
需要の高いチケットの場合は額面の90%前後で買い取ってもらえるうえに、業者を通さないので手数料等の無駄なお金は一切かかりません。
従って還元率も90%前後と高還元率です。
これは新幹線のチケットだけでなく、デパート等の商品券でも同様です。

ギフト券や新幹線のチケットの問題点

これらの商品はクレジットカード会社が購入制限を設けていることが一番の問題だと言えます。
過去にこの手法を使って現金化するケースが相次いだこともあり、 購入できた場合でもクレジットカード会社から調査連絡がくることがあるようで、 調査基準はクレジットカード会社によって異なりますが、引っかかってしまうと「現金化の利用」とみなされて利用停止や利用残高の一括請求等のペナルティを受けてしまいます。

自分で現金化する方法③アマゾンギフト券

アマゾンギフト券を現金化

アマゾンのオンラインショップでアマゾンギフト券を購入し、それを自分で売る方法です。
アマゾンなどの商品券を売り買いできるサイトがあり、 そのサイトへ登録して自分が売りたい金額で売ることができます。
ギフト券の額面にもよりますが平均して90%程度で売ることができるようです。

アマゾンギフト券の問題点

自分で販売をするので「いつ売れるかわからない」というのが最大の難点だと言えます。
その為、今すぐに現金が必要な方には向いていません。
アマゾンギフト券には有効期限があるので、最悪の場合は「売れ残ってしまう」可能性もあります。
また、例えば90%で売れた場合でも仲介サイトへ売買手数料として1%~3%(仲介サイトにより異なる)を支払わなければなりません。

クレジットカードがなくても現金化できる!?

キャリア決済枠現金化

最近、クレジットカードを使わずに現金化できる方法が話題になっています。
これは「キャリア決済現金化」と呼ばれているもので携帯会社から付与されている「枠(俗に言うキャリア決済枠と呼ばれているもの)」を利用して現金を作る手法で、 この枠を使うと後日、携帯料金と合わせて請求がくるものになります。
後々の支払いは一括払いのみとなり、枠も最大で100,000円程度なっていることから、正直あまりメリットは感じられず、利用方法が問題視されて携帯電話契約が解約されてしまう危険性も考えられることから、 ジョイフルでサービスの提供は行っておりません。
キャリア決済枠は、携帯会社により異なるようです。

ドコモの場合

『ドコモケータイ払い』というサービス名称で「iモード」か「SPモード」の契約があり、ハタチ以上であればだれでも利用可能です。
利用可能枠は契約期間により異なり、1ヶ月~3ヶ月目までは10,000円/月、4ヶ月~24ヶ月で30,000円/月、25ヶ月以上で50,000円/月となり、利用状況等に応じて最大100,000円まで増額が可能です。
因みに利用可能枠は毎月1日リセットされるので、例えば月末に上限いっぱい使い切ったとしても翌日になれば利用可能になります。

auの場合

『auかんたん決済』というサービス名称でハタチ以上であればだれでも利用可能です。
利用可能枠は月々の支払い方法や支払い状況、契約期間などによって異なり10,000円~100,000円/月が利用可能になります。
月々の支払いが遅れてしまうと利用に制限がかかることがあるようです。
ドコモと同様で利用可能枠は毎月1日リセットされるので、例えば月末に上限いっぱい使い切ったとしても翌日になれば利用可能になります。

ソフトバンクの場合

『ソフトバンクまとめて支払い』というサービス名称でハタチ以上であればだれでも利用可能です。
利用可能枠は月々の利用状況や契約期間によって異なり5,000円~100,000円が利用可能になります。
ドコモとauと同様で利用可能枠は毎月リセットされますが、ソフトバンクの締め日は【10日】【20日】【月末】のいずれかとなるので、締め日の翌日に携帯決済可能枠(ソフトバンクまとめて支払い)がリセットさ れます。
例えば【10日】が締め日の人で利用限度額が10,000円の場合、10日に限度額10,000円を使ったとしても、翌日の11日には 枠は戻り、また10,000円使えるようになります。
※キャリア決済枠現金化の場合、多くの業者がソフトバンクは取り扱いができないようです。

キャッシュバック方式について

次にキャッシュバック方式ですが、商品を購入しているので購入した商品が手元に届く手法になります。
この手法ですが、実は逮捕事例があります。

クレジットカード現金化逮捕

逮捕された業者ではビー玉やおはじきなどを数万円~数十万円で購入させ、キャッシュバック金額を利用者へ渡していたものが「実質的に貸金業者」と判断され逮捕に至ったようです。

このような事例があるので、『価値のない商品』を購入しての現金化は大変危険だと言えます。

クレジットカード現金化を利用する方の大半は「スグに現金が必要」という方だと思いますが、キャッシュバック方式ならその場で現金を振込んでもらえるという大きなメリットがあります。
その為、必然的にキャッシュバック方式での現金化の利用をすることになりますが、利用前に「どんな商品を購入するのか?」「買い物先は実在するのか?」を必ず確認してください。

購入するお店のホームページが存在していないようであれば、架空決済や価値のない商品を購入している可能性があるので注意が必要です。

ジョイフルではキャッシュバック方式を採用しています!

買取り方式やキャッシュバック方式のことを他サイトで調べてみると、「買取り方式は安全・キャッシュバック方式は危険」 と書いてある記事もあれば「買取り方式は危険・キャッシュバック方式は安全」と書いてある記事もあります。
実際のところ、何が真実なのでしょうか?

ジョイフルでは『カードトラブル ゼロ』を徹底し、利用者さまの安全性を第一に考えた結果「キャッシュバック方式」を採用しています。

ジョイフルで過去にカードトラブルがなく、安全性が高い一番の理由は“実際に存在する買い物先で実在する商品の購入ができる”というのが最大の特徴です。

また、購入した商品の発送も徹底している為、通常のネットショッピングと何ら変わりがありません。

問題のあるキャッシュバックをまとめると方式は以下の通りとなります。

・買い物先が存在していない(ホームページがない・教えてもらえない)
・購入した商品が届かない
・購入したものと違う商品が届く

上記に一つでも当てはまるようであれば「架空決済」と考えて間違いありません。
これは実際に業者が逮捕された事例もあるので、たとえキャッシュバック率が高かったとしても利用を避けるのが懸命です。

「〇〇は架空決済みたいだけど、還元率良いから使っているけど何も問題ない」と思う方もいるのではないでしょうか?
しかしそれは「たまたま問題がないだけ」と考えてください。
問題になる可能性がある以上、いつクレジットカード会社の調査対象になってしまうかわからない危険な状態だと言えます。

店舗を構えている業者はホントに安心できるのか?

クレジットカード現金化業者

ジョイフルのように無店舗で営業しているお店と、来店で現金化サービスを提供しているお店があります。

あなたはどちらのほうが安全性が高いと思いますか? このあたりを検証し解説していきたいと思います。

店舗型の場合

店舗を構えている業者の宣伝文句はほとんど対面なので安心ですと言います。

確かに「〇〇円もらえるハズだったのに…」という被害はゼロと言ってもいいかもしれません。
この点だけをみると無店舗型に比べて安全性が高いと言えるでしょう。

しかしインターネット上で店舗を構えているお店を調べてみると、残念ながら全国的に店舗数は少なく、多くは東京都内か大阪などの都心部に集中してしまっているようです。
現金化を利用する為に車や電車で時間をかけて利用する人はまずいないでしょう。
従って、都心部以外在住の人は必然的に無店舗型を利用することになると思います。

また、店舗型での一番の問題は危険性の高い買取り方式でサービスの提供を行ってしまっている点が懸念されます。
当サイトの調査で見つけることはできませんでしたが、キャッシュバック方式を採用している店舗型の業者さんがあれば対面での手続きが可能なことから信用度は高いと言えます。

無店舗型の場合

店舗を設けていない業者の場合、店舗型に比べて悪徳業者に引っかかってしまうリスクが高いと言えます。
特に、悪徳業者の手口とその対策で説明している事例は全て無店舗型の業者です。
しかし、店舗型に比べて店舗維持費等の必要経費が圧倒的に抑えられており、店舗型のほうが還元率が良いケースが多いようです。
何よりも危険性の低いキャッシュバック方式を採用している業者なら、利用後もカードトラブルに巻き込まれる恐れもありません。。

まとめ

店舗型でキャッシュバック方式を採用している業者さんが一番安全性が高いが、無店舗型の優良業者に比べて還元率が下がってしまう可能性が高いと言えます。

悪徳業者に引っかからない為には?内の項目をクリアした無店舗型の業者を見つけることによって、かかる手間を最小限に抑え、高還元率で現金化するのが一番ではないでしょうか?

確認!クレジットカード現金化はこんな人にも便利!!

クレジットカード現金化はこんな人にも便利

今ではクレジットカードが普及し、現金を持っていなくてもほとんど生活ができてしまう社会になりました。

スーパーやディスカウントストアで日用品を買うにもクレジットカードは使えますし、旅行に行こうとしても飛行機代や宿泊費にいたるまでクレジットカードで支払えてしまいます。
しかし、現金を持ち歩かなくても困らないかと言えばそうでもありません。
例えば友人とお酒を飲みに行った場合は、現金を数人で出しあって会計をする場合がほとんどでしょうし、中にはクレジットカードが使えない飲食店なんかもあります。
そんな時にキチンと対応する為にも、いくらかの現金は常に持っておきたいものです。
現金が必要になった場合、ほとんどの人が消費者金融での借入れを思いつくのではないでしょうか?
しかし仕事をしていない人や主婦の方がお金に困ってしまった場合、消費者金融の利用は不可能といっても過言ではないでしょう。
特に最近では消費者金融の審査は以前にも増して厳しくなっていると言われていて、 仕事をしている人でもアルバイトやパート、派遣社員、契約社員の方は融資を断られてしまうこともあるようです。
持っている土地や資産価値のあるものを担保にしたり、信用のある人に連帯保証人になってもらえれば収入の有無に関係なく借入れは可能でしょう。
しかし、借入れをしたいと考えている人の多くはそんなに大袈裟なものでなく、数週間後や数ヶ月後までのつなぎとして数万円の現金が必要なのではないでしょうか?
確かに数万円の融資を受ける為に土地を担保にするのも気が引けますし連帯保証人を用意するのもなんだか躊躇してしまうと思います。

そんな時に担保や保証人を用意する必要がなく家族や勤め先にも内緒で現金を手にすることができるのがクレジットカード現金化サービスです。
クレジットカード会社からの請求はショッピング枠の利用分として請求がくるので第三者に知られてしまう心配もないですし、 借入れが年収の3分の1を超えてしまっている人でもショッピング枠をさえ利用できる状態であれば、現金を調達することができます。
後々のクレジットカード会社への支払い計画さえ立てられていれば、手間もかからず審査なども不要のクレジットカード現金化サービスは非常に便利だと言えるでしょう。

\現金最大30,000円プレゼントキャンペーン実施中/

悪徳業者の手口とその対策

どの業界にも共通して言えることではありますが、クレジットカード現金化利用者を狙った悪い業者も存在します。
ここでは悪徳業者に引っかかってしまった被害事例をご紹介いたします。

クレジットカード現金化の悪徳業者

被害事例①

買取り方式の現金化を利用し、「できるだけ早く現金が必要」と伝えたところ、 「商品購入 (クレジットカード決済)時に半額を振込み、商品が業者に到着してから残額を振込む」と提案され了承したが、残額分の振込みがされなかった。

これは悪徳業者の典型的な手口だと言えます。 電話で振込みの催促をしても、「担当者が不在です。」「順番にお手続きしています」 「商品の買取り金額が〇〇日前よりも下がりました」
などとはぐらかされてしまい、振込んでもらえたとしても予め約束していた金額分を振込んでもらえることは殆どありません。
現金化サービスの性質上、カード決済する前に現金をもらうことはできませんが、受け取る金額は分割ではなく、即日一括で受け取るようにするのがベストです。

被害事例②

アマゾンギフト券を現金化する為に業者の案内に従ってe-mailタイプのギフト券を購入し、ギフト券番号を業者に送信したら、予め説明された買取り金額から数千円下がっていた。

アマゾンギフト券のe-mailタイプの場合、番号を送信してしまうとキャンセルは非常に難しくなってきてしまいます。
このような被害は多数報告されているので、クレジットカードの利用停止等のリスクも高いことから利用しないに越したことはありませんが、利用する際は業者のホームページや、担当者の電話応対の質等を確認する必要があります。
中には、金額が下がってしまう理由が「消費税」と説明する業者もいますが、金券類に消費税がかかることはありません。

被害事例③

「即日融資可能!保証人不要・かんたん審査」というチラシをみて、金融会社に連絡したら審査に落ちてしまったが、クレジットカードを持っているなら…と現金化業者を紹介された。
怪しいと思いキャンセルをしようとしたらキャンセルできないと言われた。

この場合、金融会社と現金化業者は同じグループと考えて間違いないでしょう。
現金化サービスは融資ではないので、「お金貸します」などと宣伝がしづらいものです。その為、消費者金融で魅力的な宣伝活動を行い集まったお客さんを現金化サービスへ誘導する手口です。
現金が必要の場合、魅力的な勧誘に乗ってしまいがちですが、魅力的すぎる話しには乗らないようにするのが一番です。

悪徳業者に引っかからない為には?

だれだって悪い業者を利用したくないでしょう。
まず悪徳業者の特徴として条件が凄く良いという特徴があります。悪徳業者は最初から利用者のことなんて考えていませんし、二度目、三度目も使ってもらいたいなんて思っていません。
悪徳業者の目的は個人情報の搾取だということをよく覚えておいてください。
その為に甘い言葉で誘導し個人情報を聞き出してきます。
残念ながら、個人情報を渡してしまってから被害をゼロに抑えるのは不可能だと考えてください。
それでは、どうすれば悪い業者を見抜くことができるのでしょうか?

ホームページをチェック!

現金化サービスを提供しているところは全てと言っていいほどホームページでサービスの案内やキャンペーン等の告知を行っています。
ホームページ内の会社概要(運営者情報)を確認してみてください。
まず、会社概要自体を用意していない業者は論外です。
ホームページ内にどんなに魅力的なことが記載されていたとしても、利用は絶対にしないでください。
会社概要があったとしても、代表者の名前が苗字しか記載されていないものや、所在地を公開していない業者も利用を避けるのが賢明でしょう。
会社概要には以下の項目が正確に記載されているのかをみてください。

・所在地
・電話番号
・メールアドレス
・代表者(フルネーム)

電話応対は?メール対応は?

本当に評判の良い現金化業者は電話にしてもメールにしても対応がしっかりしていて、自然と好印象を受けるものです。
逆に評判の悪い現金化業者の場合では、トラブルがおきたときの為にお店をスグに閉じることができるように準備をしているものです。
「何かあったらお店の名前を変えて営業すればいい」という前提ですので、そういう気持ちが自然とお客さんへの対応に表れていると言われています。
例えば、換金率について聞いたとします。
その時に「〇〇%くらい」という曖昧な表現も怪しいですし、「1万円の利用でも95%保証しています」なんていう魅力的すぎる回答も注意が必要です。
電話の場合は相手の言葉遣い、メールの場合はキチンとビジネスメールで返信がきているか?をチェックしてください。

振込み金額と振込み時間は?

まず、「分割で振込みます」といってる業者は後々トラブルになる可能性大です。
金額の大小に関わらず必ず一括で振込んでくれる業者を選んでください。
そしていつ振込んでもらえるのか?いくら振込んでもらえるのか?これは必ず正確な情報を聞き出してください。
「○○時ぐらいには振込める予定です。」「〇〇円ぐらい振込めると思いますよ」などの曖昧な表現をする業者は怪しいと考えてください。
「〇〇円を〇〇時に振込みます」のようなカタチで正確な情報を聞き出してからの利用を心掛けてください。

申し込みから現金化までの流れ

現金が届くまでの流れですが、ジョイフルでは以下の通りとなっております。

①お申込み

まずは申込みが必須です。当サイトでは申込みフォームもしくはお電話にて承っております。

②本人確認

続いて本人確認ですが、免許証等を写メールでお送り頂く必要があります。
これは不正利用防止の観点から初めて利用する方のみを対象にご協力頂いているもので、審査ではありません。

③金額の説明

いくらの買い物をしていくら振込まれるのか?正確な金額をご説明致します。
この時点で最終的な利用の意思決定が必要になります。

④決済&振込み

決済完了の確認後、即お振込みさせて頂きます。目安の時間は決済から振込み完了まで3分~5分程度です。

⑤振込み確認&商品受け取り

お客様の口座によってはインターネット上で入金確認ができます。
購入した商品は利用日の7日~10日前後に指定住所へ送付しております。
(商品の受け取りが難しい場合、お近くの郵便局留めも対応可能です)

以上、現金が手元に届くまでの流れとなっております。

入金について

クレジットカード決済の確認後、買い物先からお客様が指定した口座へお振込みをいたします(原則、手渡しは承っておりません)。
利用日や時間帯によって地方銀行や信用金庫などは、その日のうちに入金の確認ができない場合がありますので、注意が必要です。
ジョイフルの場合、ゆうちょ銀行・楽天銀行・ジャパンネット銀行のいずれかをご指定頂ければ土日祝日問わずその場で振込みの確認が可能です。
それ以外の口座を指定された場合は平日15時までに振込むことができればその場で入金の確認が可能です。

\現金最大30,000円プレゼントキャンペーン実施中/

ジョイフルが選ばれる理由

ジョイフルが選ばれる理由

おかげさまでジョイフルは創業以来「満足度の高い現金化業者」として数多くの方にご利用頂いております。
なぜ満足度が高いのか?なぜジョイフルを選んで頂けるのか?
7つの理由をご紹介いたします!

①還元率と振込みスピードが業界トップクラス!

利用するにあたって最も気になるところだと思いますが、ジョイフルでは無駄な経費を一切省くことにより高還元率を実現させています。
振込みにあたってはインターネットバンキングを利用しているので、お客様指定の口座へ即お振込み手続きを行っております。

②利用後の安全性もお約束!カードトラブルゼロ!

クレジットカード現金化サービスは残念ながらクレジットカード会社が禁止しているサービスとなっております。
しかし、どうしても利用しなければいけない…というお客様の為に、通常のショッピングと変わらない手法で、お客様のショッピング枠を現金に換えさせていただいております。

③個人情報の保護&秘密厳守の徹底

ほとんどのご利用者様は家族や職場などの第三者へ知られてしまうことを懸念されているものです。
ジョイフルでは、ご利用にあたって職場やご家族様へ連絡することは一切なく個人情報が第三者機関に渡ることはありません。

④豊富なキャンペーン

現金や商品券のプレゼント等を定期的に実施し、少しでもオトクにご利用頂く為の努力を惜しみません。
ご利用の際は是非、キャンペーンの開催中を狙ってご利用くださいませ。

⑤土日祝日でも、お手元に現金をお届け!

地方銀行や信用金庫の口座は、平日9時~15時に限られてしまっております。
しかし、ゆうちょ銀行・ジャパンネット銀行・楽天銀行のいずれかであれば平日15時以降や土日祝日でも入金の確認が可能です。

⑥安心のサポート体制

ジョイフルはお客様満足度100%を目指しています。
すべてのお客様に「利用してよかった」「相談してみて良かった」と感じてもらえる為にも、ご不明なことはご利用される・されない関わらず誠心誠意お答えさせて頂きます。
少しでもわからないことは無料相談窓口へお気軽にお問い合わせください。

⑦振込み金額と振込み日時は正確にお伝えいたします。

「いくら振込んでもらえるか?」「いつ振込まれるか?」ジョイフルはご利用頂く前に正確な金額・時間をお伝えいたします。
万が一、ご希望に添えない場合はキャンセル頂くことも可能です。

\現金最大30,000円プレゼントキャンペーン実施中/

どんな人たちが利用しているの?

どんな人たちが利用してるの?

現金化サービスを友達や家族と一緒に申し込みする方は圧倒的に少なく、ほとんどの方が職場や家族に内緒でこっそりと利用を考えていると思います。
心理学で「同調行動」と言われているものがあり、人は「周りの人たちと同じ行動をとりたい」傾向にあって、周りの人たちと同じ行動をとることによって得られる安心感は計り知れないものがあるようです。
要するに、たくさんの人がジョイフルを利用していれば自分も使ってみたいし、ジョイフルを利用している人が少なければ自分も利用はしたくないと考える人が多いと思います。

実際、ジョイフルへお問合せされる方も「1日に何人くらい利用してるいの?」、「どんな人が使っているの?」、「私みたいなお客さんっていますか?」、「みんないくらぐらい使っていますか?」などのご質問を頂くこともあります。

そこで簡単ではありますが、過去約5年間の統計を元に、ジョイフルを利用された方をまとめてみました。

男女の比率

男性 約59%
女性 約41%

年代

20代 約18%
30代 約33%
40代 約30%
50代 約16%
60代~ 約3%

職業

会社員       約38%
フリーター     約18%
会社経営      約5%
専業主婦      約21%
無職        約12%
その他(就業予定等) 約6%

利用目的

生活費   約48%
交際費   約10%
支払い   約11%
不明    約31%

利用金額

10,000円~100,000円  約 29%
100,001円~300,000円  約 49%
300,001円~500,000円  約 15%
500,001円~      約  7%

利用頻度

ほぼ毎日    約16%
1週間に1回   約35%
1ヶ月に1回   約37%
数ヶ月に1回   約9%
1年に1回    約3%

配偶者の有無

既婚 約71%
未婚 約26%
不明 約 3%

カード会社への支払い

クレジットカード会社への支払いは、ほとんどの方が「リボ払い」もしくは「分割払い」をされているようです。

クレジットカードのことあなたは知ってる??

クレジットカードのことあなたは知ってる?

クレジットカード会社のJCBが行った「クレジットカードに関する総合調査」によると、クレジットカードの平均保有枚数は3.2枚となっているようです。

あなたが複数枚のクレジットカードを保有している場合、どのように使い分けていますか?

それぞれのクレジットカードの特徴などを理解されていますか?

ここからはクレジットカードのことを説明・解説していきます。

まず、クレジットカードとは一言で言うと信用を基に後払いができるカードです。
その為、クレジットカードが欲しい場合、クレジットカードの申込書に名前、住所、勤務先、年収等を記入して審査を行う必要があります。 その際に、本人確認書類の提出も必要になります。

ここまでは多くの方が理解されてると思います。
しかし、仕組みやメリット・デメリット、クレジットカードの特典などまで全て把握されてる方は少ないようです。

クレジットカードの仕組み

クレジットカードを使うと後日、クレジットカード会社から使った分の請求が来て支払う必要があります。
しかし、貴方がクレジットカードを使い、クレジットカード会社から請求がくるまでの仕組みをご存知でしょうか?

主な仕組みは以下のようになっています。

①例えば貴方がお店で商品を買ったとします。

②するとお店はクレジットカード会社から貴方が買い物した代金を支払ってもらうのですが、全額もらうことはできません。
 なぜなら「クレジットカード利用代金」として手数料がかかるからです。手数料は基本的にお店側が負担しています。

③後日、貴方がクレジットカード会社へ買い物した代金の支払いをします。

以上がクレジットカードの仕組みになり、クレジットカード会社が立て替えてくれるため、余分な現金を持ち歩く必要がなくなるのがクレジットカードの魅力であり特徴でもあります。

ショッピング枠とキャッシング枠

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の二種類が存在します。
ショッピング枠とは、クレジットカードを使って買い物する時に利用する枠(機能)のことを言い、 基本的にクレジットカードのメインはショッピング枠となり、ショッピング枠がついていないクレジットカードはありません。

キャッシング枠とはお金を借りることができる枠(機能)のことを言います。
キャッシング枠については、クレジットカードの『サブ機能』のようなもので、キャッシング枠が付いてる場合、付いていない場合があります。

クレジットカードを作る際には必ず『キャッシング枠希望額』の項目があり、『ゼロ』で申請するとキャッシング機能が付くことはありません。
反対にキャッシング機能を希望した場合、希望金額に関わらず初回は50,000円程度が相場のようです。

限度額

クレジットカードには必ず限度額があります。要するに無制限に利用できるわけではなく「最大で○○円まで使える」と決まっています。
この限度額は個人によって異なります。
100,000円が限度の人もいれば1,000,000円が限度の人もいるのです。
クレジットカードはその人の信用を基に発行されるものなので、「○○円までなら立て替えても支払えるだろう」という審査をクレジットカード発行会社が一人ひとりに対して判断しているのです。
クレジットカードを初めて作る場合、ある程度収入があっても初めに設定される限度額は少なめに設定される傾向にあります。
その場合クレジットカードを作ってから半年程度でクレジットカード発行会社へ増枠申請することにより、 再審査され限度額を上げることが可能ですが、支払い遅延等信用が損なわれると判断された場合は逆に限度額を引き下げられる場合があります。

審査について

クレジットカードを作る場合、必ず『審査』があります。そのため、個人情報の提供が必須となります。
審査基準はクレジットカード発行会社により異なり、各会社とも審査内容を公表してはいませんが、基本的に以下の項目が審査基準と言われています。

◆職業(雇用形態)
◆資産(持家や貯蓄額等)
◆居住年数
◆借入れの有無
◆年収
◆信用情報機関への照会(JICC、CIC等)

上記が審査基準で、安定した収入があることが条件の1つとなっていることが多く、無職の方や学生、専業主婦などの方は審査に通るのが難しいと言われています。

これまではフリーターや派遣社員も定職ではないという考えから審査に影響することが多かったようですが、近年の雇用形態の変化から以前より緩和されています。
また、近年では学生向けのクレジットカードや専業主婦には家族カードも普及していて、多くの方がクレジットカードを持つことができるようになってきています。

審査期間はどれくらい?

稀に即日発行できるクレジットカードもありますが、基本的に審査期間は7日~10日程度かかる場合が多いようです。
審査に通った場合、書留郵便でクレジットカードと利用規約が郵送されてきます。
審査に落ちてしまった場合、その旨が印字された手紙が郵送されてきますが、審査に落ちた理由の記載は一切なく、直接問合せをしても教えてもらうことはできません。

学生カードってなに?

18歳以上の学生を対象としたクレジットカードです。
本来は収入がゼロ、または少ないことから審査に通りにくいが、親の信用で発行することができます。
この場合、従来の確認書類に学生証コピーの追加提出が必要となりますが、親の収入証明は必要ありません。
あくまでも学生限定として発行されるクレジットカードの為、卒業すると再審査のうえ一般カードに切り替わることが多いようです。
学生カードの特徴として、利用限度額が低く設定されてることが多いようですが、保険等のサービスが一般カードよりも充実していると言われています。 近年では学生証や、施設への入退室、授業の出欠管理などと一体化したクレジットカードもあるようです。

家族カードってなに?

契約者本人の信用で家族が持つクレジットカードで、審査に通りにくいとされる専業主婦や18歳以上の子供(高校生除く)、退職後の親などを対象とした追加カードのことです。
クレジットカードの名義は家族の名前で発行されますが、あくまでも元となる契約者の信用に基づいて発行されている為、 利用枠の増額などの権限はなく、学生カードと同様で家族カードでも利用限度が低く設定されていたり、キャッシング機能がつけられないケースが多く、 料金の支払いも元となる契約者本人へまとめて請求されます。

クレジットカードブランドと発行会社

クレジットカードのことあなたは知ってる?

日本の主要クレジットカードブランドは以下のものがあります。

◆VISA(ビザ)
◆MASTER(マスター)
◆JCB(ジェイシービー)
◆AMERICAN EXPRESS(アメリカン エキスプレス 通称:アメックス)
◆DINERS(ダイナーズ)

発行会社が上記のブランドのいずれかもしくはすべてと提携しクレジットカードを発行するケースが殆どです。
例えばクレジットカードに『三井住友銀行』と『VISA』の名前がある場合、三井住友銀行で発行されてるクレジットカードで、ブランドがVISAとなります。
これは三井住友銀行がVISAと提携してるということで三井住友銀行イコールVISAというわけではありません。

クレジットカードを使う場合、お店によってクレジットカードブランドが制限されてる場合がありますが、日本ではVISA、Master、JCBであれば殆どのお店で利用することが可能です。

年会費っていくら?

クレジットカードには年会費が無料のものから数十万円のものまで様々です。
年会費が無料のカードよりも高ければ高い分『特典』や『保険』等手厚いサービスが受けられるようになっています。

【クレジットカード会社への支払いはいつ?】

クレジットカードには『締日』と『支払い日』が決まっていて、クレジットカード発行会社により異なります。
支払い方法ですが現金払いと口座引き落としの2種類があります。
現金払いの場合、自宅に払い込み用紙が同封された請求書が届きますので、支払い日までにコンビニ等で支払うことになります。
口座引き落としの場合、支払い日に自動引き落としとなり、現在は口座引き落としが主流です。

例えば 月末締め25日払いの場合
11月20日 10,000円利用
11月30日 20,000円利用
12月 1日 30,000円利用
12月25日 30,000円支払いとなり、1月25日 30,000円支払いとなります。

しかし、クレジットカードの特徴の一つとして『支払い方法の選択』というものがあります。

◆ 一括払い
◆ 分割払い
◆ リボルビング(リボ)払い

締日までに利用した分を次の支払い日に全て支払うのが一括払い、希望する回数に分けて支払うのが分割払い、利用額に関わらず毎月設定した金額分を支払っていくのがリボ払いです。
通常、一括払いであれば手数料がかかることはありませんが、分割とリボ払いでは規定の手数料(利息)が発生します。

分割払いやリボ払いは毎月の支払いを安く抑えることができる為、安易に利用してしまいがちですが、手数料が発生することもあり、計画的な利用を心掛けるようクレジットカード発行会社が注意を呼びかけています。

クレジットカードのメリットは?

■ポイントが貯まる!
クレジットカードにはポイントサービスがついていて、利用額に応じてポイントが付与されます。
ポイントの還元率やポイントを使って受けられるサービスはクレジットカード発行会社によって異なりますが、1~2%程度が主流で、例えば楽天カードの場合は貯まったポイントは楽天市場などの楽天グループ内で買い物ができたりと、主に楽天グループで使うことができます。

■利用データが残る
クレジットカードを利用すると必ずデータが残るので、いつにいくら使ったか簡単に把握することができます。
そのため領収証を保管しておく必要もありません。家計簿をつけることも容易になります。

■オンラインサービスが利用しやすい
現在では、音楽や動画配信、ショッピングなどさまざまなオンラインサービスが展開されていますが、 中には「クレジットカード払い限定」というのも少なくありません。

■ステータスがある
ゴールド→プラチナ→ブラック といったカタチでクレジットカードにはランクがあり、ランクがあればそれだけステータスが伴ってきます。
社会的価値を高めることを目的にランクの高いクレジットカードを持つこともあるようですが、見た目だけでなくランクが上がるほど手厚いサービスを受けることができます。
例えば、ホテルの部屋を無料でアップグレードできたり、旅行保険の充実、コンシェルジュサービスなどが挙げられます。

クレジットカードのデメリットは?

■使いすぎてしまう
クレジットカードの利用は現金のやり取りがないので、電子マネーに不慣れな人はついつい使い過ぎてしまうことがあります。
中にはポイントを貯める為にクレジットカードを利用して使い過ぎてしまう本末転倒なケースもあるようです。
また、分割払いやリボ払いを利用することにより「10万円の買い物したけど、来月は1万円しか返さないから9万円分の買い物ができる」なんて考えてしまう人もいるようで、 いつの間にか「給料のほとんどを月々の支払いにあててしまう」ことにもなりかねません。

■不正利用の可能性
クレジットカードを不正に利用した犯罪は数多くあるようです。
その中でも圧倒的に被害数が多いのが「スキミング」によりクレジットカードの情報を不正に取得し、利用されてしまうケースです。
例えば、何気なくATMを利用した時に「情報を抜き取る装置」がついていて、ATMで読み込まれたクレジットカードの様々な情報が流れてしまったこともありました。
クレジットカード会社によっては不正利用の際は補償してくれる場合もありますが、どこでも安易に利用することのないよう普段から注意が必要となります。

クレジットカードの利用シーン

実際、クレジットカードを所持してる人はどんな時に、どんな場所で利用することが多いのでしょうか?
圧倒的に多いのは「オンラインショッピング」です。
今では「インターネット上で必要なものは全て買うことができる」とも言われており、食料品や日用品はもちろん洋服や家具、家電まであらゆるものを買うことができます。
何よりも店舗に足を運ぶ必要がない為、仕事や子育てなどで買い物に行く時間が取りにくい方は電車の中や、少し空いた時間を利用して必要なものを購入されてるようです。

続いて多いのは「携帯電話や公共料金の支払い」です。
これまでは請求書払いもしくは口座引き落としが大半でしたが、クレジットカード払いにすることによりクレジットカードのポイントも貯まるようになったのをきっかけに、急激に広まっていきました。
例えば、携帯電話の支払いの場合はキャリアのポイントも貯まり、クレジットカードのポイントも貯まることになります。

■海外でも使える!

旅行に行った時も便利

出張や旅行で海外に行った際にも便利です。
例えば現地通過が足りなくなってしまった場合、近くにATMがあれば簡単にキャッシングすることができます。
借入れ手数料が掛かりますが、両替所で日本円から交換するよりも割安な場合が殆どです。
日本で作ったクレジットカードが海外でも利用できるの?と疑問にもつ方が多いようですが、問題ありません。
海外でも日本同様、クレジットカードブランドが対応しているところであれば使うことができます。
しかし、日本ではVISA・マスター・JCBであれば殆ど問題はありませんが、海外では少し異なる場合があります。
主にVISA・マスターが様々な国々で対応していると言われています。
JCBもシェア拡大中と言われてはいますが、海外に行かれることを視野に入れる場合は、 VISAもしくはマスターのどちらかを選択されることをオススメします。

どこのクレジットカードが良い?

飲食店やコンビニ、ガソリンスタンド等いろいろなところでクレジットカードの入会パンフレットを見かけると思いますが、実際どこのクレジットカードが良いのでしょうか?
これといった利用シーンが決まっていない場合、まずは年会費が無料のクレジットカードを契約してみてはいかがでしょうか?
年会費が無料のクレジットカードをご紹介します。

■楽天カード
楽天カードマ~ン♪のCMをご覧になった方は多いのではないでしょうか?
いま人気度・知名度共にNo1と言われているクレジットカードで、楽天市場内でのポイント還元率は4%~10%、楽天市場以外でも最低1%と高還元率が魅力のクレジットカードです。
特に楽天市場でお買い物をする方は必須と言っても過言ではないでしょう。
『楽天市場以外でも楽天が提携しているお店』例えばエネオス(ガソリンスタンド)やコナカ(紳士服)、メンズTBC(男性用エステサロン)、自遊空間(漫画喫茶)などで楽天のクレジットカードを利用するとポイント還元率が2~3%になります。

「審査が通りやすいクレジットカード」とも言われていて、他社クレジットカードの審査に落ちてしまった方でも『ダメ元で申し込んでみたら審査が通った!』という方もいるようです。

■ヤフーカード
ヤフーカードはTポイントを採用してるのが魅力のクレジットカードです。
利用金額に応じてTポイントが貯まります(100円につき1ポイント)。
ヤフーショッピングとLOHACOでの利用は毎日合計3倍貯まり、5のつく日(5日・15日・25日)にお買い物するとポイントが5倍になります。
なので必然的にヤフーショッピングかLOHACOをよく利用する方にはかなりお得なクレジットカードだと言えます。
ポイント還元率は若干、楽天カードに負けてしまいますが、貯まったポイントは楽天ポイントよりも様々なところで使うことができます。
ヤフーショップやLOHACOでの利用はもちろん、ツタヤ(レンタルDVD&CD)やファミリーマート(コンビニ)、マルエツ(スーパー)、ガスト・ジョナサン・バーミヤン(ファミリーレストラン)などで利用可能です。

ヤフーカードも「審査が通りやすいクレジットカード」と言われていますので、他社クレジットカードの審査に落ちてしまった方でも一度申し込んでみてはいかがでしょうか?

\現金最大30,000円プレゼントキャンペーン実施中/

Copyright © 2017 Joyful.

上へ