現金化の「キャッシュバック方式」と「買取方式」の違いを解説!

キャッシュバック方式 買取方式

クレジットカードの現金化という言葉をよく耳にすることが増えてきましたが、今まさにお金が必要となりカード現金化を検討されている方に向けてお話させていただきたいと思います。

今回お話する内容は、業者を利用したクレジットカード現金化についてとなります。

買い取り方式とキャッシュバック方式ではどっちがいいの?

クレジットカード現金化の2つの種類

ここでは2つの方式について、どちらがお得感や安全性に適しているのかなども含め説明させてもらいます。

共通点について

2つの方式における共通点とすれば、まずネット申込が可能であるためスマホで申し込みも出来て手間も省けて面倒がありません。
またお金が急遽必要ならなおさらのことで、業者利用の現金化は振り込みも早いですから大変助かります。

クレジットカードの現金化とは、実は自分で商品を購入して現金化することも可能です。
ただしこのような2つの共通点からも判る通り、業者を経由して利用したほうが安全性も担保されます。
また、手間も掛からずスピーディーに事が流れることから、今は業者を利用して現金化させる方が多いというのが実態です。

<比較するポイントについて>

上記の通り共通点はお判りになったと思いますが、それぞれの相違する点もいくつかあります。
ここでは2つの比較すべきポイントについて触れてみます。

換金率はどっちが高い?

誰でも気になるのが換金率だと思います。
一般的には買い取り方式のほうが換金率は高めと言えるでしょう。
その理由は、ここで扱う商品は主に高換金率となる金券や、今が旬の高額ブランド品などを扱うケースが高いからです。
ただし業者によっては濃淡がありますから、一概に言えない部分もあるのが現状です。

どっちが振込スピードは速い?

現金を振り込むスピードを期待して、キャッシュバック方式を選ぶ方も多いです。
キャッシュバック方式だと、商品買い取りから即日は当たり前ですが、ケースによっては30分以内に振り込まれることもあります。
ただし一点だけ気を付けて欲しいのが、業者によってはそうもいかない場合があります。
要は悪徳業者などに出会ってしまうと予定通りいかない場合もあるということです。
こういうトラブルを避けるためにも、事前にいつまで振り込まれるかなどを業者へ明確に確認しておくよう心掛けていてください。

安全性は?

欲しい商品をショッピング枠で自分の意志により購入する訳ですから、社会通念上2つとも違法性はありません。
ただし最近あからさまに現金する方も増え始め、カード会社の立場からすると現金化目的のカード利用は認めていないことから、それがバレると大変です。
結論とすれば、どちらの方式でもケースによっては同等のリスクが生まれてくるお考え下さい。

キャッシュバック方式とは?手順やメリット・デメリット


キャッシュバック方式とは、特に価値の無い商品を業者から購入することにより、その特典として現金をキャッシュバックとして指定口座まで振り込んでくれる仕組みを言います。

買い取り方式と少し違うのは手元へ商品が届きますので、ここまでが手順工程の一つに入ります。

ここではキャッシュバック方式を利用する際の手順を説明します。
ますは以下のフローを参照ください。

・ホームページから申し込み開始

・本人確認・申し込み確認

・ネットから業者指定の商品をクレジットカードで購入する

・決済確認後、業者から指定の口座へ現金が振込

・商品が郵送で届き、受け取れば終了

まずは業者選びからスタートさせ、業者が決まればあとは身分証明初とクレジットカードさえあれば誰でも申し込みが出来てしまいます。
また最後の郵送で商品が送られてきた場合は、必ず受け取るまでは完了させてください。
これを受け取らないことは、現金化目的でカード利用したと疑われるからです。

キャッシュバック式にはこんなメリットが!

・自分で商品を選ぶ必要も無く手間が省ける
・オンライン上で手続きが出来るので、自宅でも現金化が出来る
・現金化させるまで時間が掛からない

現金化のキャッシュバック式の最大のメリットは、とにかく入金が早いこと。

最短で5分での入金が可能という業者もあり、少しでも早く現金を手にしたい方には最適の方法です。

また、手順を見てもわかるように現金化までの流れがシンプルで簡単。

自分で行うのは、最初の登録と利用した金額の申告だけで、あとは商品到着と現金の入金を待つだけ。

全てがオンライン上で済むので、わざわざ購入した商品を買い取ってもらいに店舗に行ったり、商品を郵送する必要がなく、手間がかかりません。

キャッシュバック式のデメリットとは

・商品は必ず受け取らないといけない
・換金率は、どうしても買い取り方式よりは低くなる可能性がある

必要なのが商品ではなく現金である以上仕方のないことですが、購入する商品は安価で粗末なものや商品価値の無いものです。

サイト上では高額の商品でも、実際届くのは100円ショップの商品という場合もあります。

どうせならちゃんとした商品をと思ってしまうところですが、良いものにしてしまうと業者側の利益が減り、換金率に影響してしまいます。

少しでも手元にキャッシュバックされる現金を増やすためにも、これには目をつぶるのが良さそうですね。

また、買取式に比べるとどうしても換金率は下がってしまいます。

でも、急に現金が必要になる場面は誰しもあるもの。

時間をお金で買うと思って割り切ることも必要です。

キャッシュバック式の現金化に違法性はある?

結論から言うと、キャッシュバック式そのものに違法性はありません。

違法なものであれば、こんなにたくさんのクレジットカード現金化業者が堂々と営業しているのはおかしいですよね。

キャッシュバック式は、家電やスマートフォンを購入した際に受けるキャッシュバックやポイント還元とほとんど同じ。

ただしこれは、商品を受け取り、その特典としてキャッシュバックを受けるという流れが守られてこそ。

過去に業者が貸金業法違反および出資法違反で有罪判決を受けた事例がありますが、これは利用者への商品発送に漏れがあったなど業者側の落ち度が原因。

商品を手元に受け取ってはじめて購入とみなされ、キャッシュバックが成立するのです。

手順でも触れましたが、送られてきた商品はどんなに不必要なものでも必ず受け取りましょう。

<こんな人におすすめ>

キャッシュバック方式の良さはスピーディーな現金化が実現できるということでしょう。
どうしてもいますぐ現金が欲しいという方からすると、自宅にいながら現金出来ますからこれは助かります。

買取方式とは?手順やメリット・デメリット

業者から換金性の高い商品を紹介してもらい、その商品をクレジットカードで購入後、業者へ買い取って貰い現金を振り込んでもらう仕組みを買い取り方式と言います。
実際商品は手元に届くこともありませんから、手間も掛からず大変便利なやり方です。

買取式の手順を確認

業者によってはオンラインでの申し込みが可能なところがあります。

それでは次に買い取り方式を利用する際の手順について説明します。以下参照でお願いします。

・業者が購入した商品を指定

・指定された商品をクレジットカードで購入する

・業者は指定された商品を確認

・購入商品に問題が無ければ、商品買い取り

・業者より、買い取り金額を指定口座へ振込して完了

クレジットカードの現金化とは自分でやることも出来ますが、上記の様に業者からあらかじめ商品などを紹介してもらうと手間も省けるし、商品の価値が理解出来ていない素人からすると大変助かるものです。

買取式にはこんなメリットが!

・自分で商品を選ぶ必要も無く手間が省ける
・換金性の高い商品を紹介してくれるから、換金率が高くなりやすい
・直面でやり取りもできるので安心感がある

買取式で購入する商品は、世の中できちんと価値が認められている物です。

そのため、何を目的にその商品を買ったのかカード会社にはわからないため、安全と言えます。

また、キャッシュバック式に比べて換金率が高いのが大きなメリット。

急ぎでない時や現金が必要な日があらかじめわかっている場合は、換金率がより高い買取式を選択した方がお得ですね。

買取式のデメリットとは

・キャッシュバック方式よりは、入金までの時間がかかる
・自分自身で買い取り店を探し売却手続きまでおこない手間がかかる

商品を受け取ったあと、その商品を売るために業者の店舗へ出向いたり、郵送したりする手間がかかってしまうのがデメリット。

移動に交通費やガソリン代などのコストがかかってしまうことも。

商品確認後の入金なので、キャッシュバック式に比べて現金を手にするまでに時間もかかります。

また、配送される途中で商品が破損してしまうリスクがあるので注意が必要です。

<こんな人におすすめ>
換金率も良くなることから、高額な現金が必要な方と商品購入手続きに手間を感じない方ならおススメです。

自分で現金化するよりも業者を使ったほうがメリットが多い

業者を利用することは、初めて現金化する方にとっては手間も省けて大変助かります。

何度もお伝えしている通りクレジットカードの現金化とは、自身でおこなうことも出来ますが、商品を見定める能力も必要なります。

これでだけは素人の方にはかなり困難ですし、換金性の高い商品を紹介してくれる業者を選んだ方が間違いなくスピーディーな現金化と安全性も実現できます。

クレジットカード業者利用のまとめ

以上、キャッシュバック式と買取式の違いについて解説しました。

それぞれに異なる利点がありましたね。

どちらのやり方が自分には合うのか、選ぶことはできたでしょうか。

業者を通さずに自分で現金化することももちろん可能です。ただ、それには非常に多くの工程が必要。

どのような商品がいくらで換金できるのか下調べをし、購入できる場所を探し、少しでも高く買い取ってくれるところを調査して…。

現金を手にするまで一体どれほどの時間がかかるでしょう。

店舗へ足を運ぶための移動費もかかるし、思った金額を下回るリスクもあります。

「時は金なり」なんてことわざがあるくらい、時間はとても価値のある大切なもの。

面倒な部分は全て現金化を専門として取り扱っている業者におまかせして、クレジットカード現金化を賢く利用しましょう!

とくにクレジットカード現金化を初めて検討される方なら業者を利用することがベストです。

手間も掛かりませんし、換金性の高い商品も紹介してくる業者は、絶対に素人の方にとって強い味方になってくれるはずです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
高橋 直樹

高橋 直樹

43歳の元ギャンブラー。お金に困った時に役立つ情報をブログで配信!今月ピンチな場面で役立つクレジットカード現金化について詳しく解説!様々な現金化業者を実際に利用し、忖度なしで辛口で評価!利用者目線で業者選びに役立つコンテンツを意識して記事を執筆しています。

-初めての現金化マニュアル

高還元率の優良店
【公式】アーク(Arrk)
24時間365日対応!※クレジットカード以外はご使用できません