クレジットカード現金化で失敗する人の特徴!原因と対策

クレジットカード現金化で失敗する人の特徴!原因と対策

クレジットカードがあれば現金を調達できるクレジットカード現金化。

実はそんな現金化をした人の中には、さまざまな失敗をしてしまったという人も少なくありません。

では現金化における失敗にはどのようなものがあるのでしょうか。また対策などはできないのでしょうか。

今回はクレジットカード現金化における失敗について紹介していきます。

そもそもクレジットカード現金化の失敗にはどんなものがあるの?

そもそもクレジットカード現金化における失敗がどのようなものなのかがわからないという人もいることでしょう。

現金化における失敗には次のようなものがあります。

翌月の支払いが滞ってしまう

クレジットカード現金化は翌月のカードの請求日に支払いをしなければいけません。

ですが中には失敗してしまい翌月の支払いができなくなってしまう人もいます。

翌月の支払いを滞納してしまうと支払いが完了するまではカードが使えなくなってしまいますし、信用情報に傷がついたり、悪質な場合はカードの矯正大会などの措置が取られる可能性もあります。

クレジットカード会社のバレてしまう

クレジットカード現金化における失敗として多いのが、「現金化をしたことがカード会社にバレてしまうこと」です。

実はクレジットカードの現金化目的での利用は、カード会社の利用規約で禁止されています。

そのため現金化をしたことがカード会社に知られてしまうと、カードの利用停止や強制退会などの措置が取られてしまい、カードが使えなくなってしまうのです。

そのため失敗してカード会社にバレてしまうと、それ以降カードが使えなくなってしまう可能性があるのです。

クレジットカード現金化をして後悔する人ってどんな人?

家族にバレてしまった

現金化をする際には家族に現金化をしたことを隠しているという人もいます。

そのような人は現金化に失敗して「家族にバレてしまう」こともあります。

家族に現金化をしたことがバレてしまうとなぜお金に困っているのかを聞かれたり、借金をしているのではないかと疑われてしまい、私生活にも大きな影響が出てしまいます。

現金化業者によっては荷物が自宅に送られてくるのでそれを見られてしまったり、カードの利用明細を見られて家族にバレてしまうという人が多いです。

クレジットカード現金化は何のため?現金化する理由や目的とは

クレジットカード現金化に失敗してしまった原因

クレジットカードの現金化で失敗してしまうと、先に紹介したような被害やトラブルに発展してしまう恐れがあります。

では現金化に失敗してしまった人は、なぜ失敗してしまったのでしょうか。

現金化に失敗した人には次のような原因があることが多いです。

業者選びが間違っている

クレジットカードを現金化する時には専用の業者を利用する人も多いです。

ですが現金化業者は数多くあるため、とにかく目についたものを利用しているという人も少なくありません。

実はこれが現金化を失敗してしまう原因の1つです。

クレジットカード現金化業者の中には優良店もあれば悪質な業者もあります。

そのため何も考えずに業者を選んでしまったり、業者の選び方を間違えてしまうと、悪質業者を利用してしまう恐れがあるのです。

悪質業者を利用するとトラブルに発展したり詐欺などの被害に遭うリスクが高くなってしまい、結果現金化の失敗につながる可能性も高くなってしまうのです。

クレジットカード現金化業者の中から優良店を選ぶには

商品選びが間違っている

クレジットカードを現金化する時には、業者を利用せずに自分で換金性の高い商品を購入し、それを買取ショップなどで買い取ってもらうという人もいます。

実はこの時に購入する商品も失敗の原因になることがあります。

先ほども紹介したようにクレジットカード会社では現金化目的でのカードの利用を禁止しています。

そのためカード会社は利用者が現金化目的で買い物をしていないかを厳重に監視しています。

普段買わないような商品を大量に購入したり、金券やチケットなど数が必要ないものを大量に購入したり頻繁に購入したりすると、カード会社に現金化を疑われてしまい、カードの利用停止などに繋がってしまう恐れがあり、失敗の原因になってしまいます。

業者を使わないで効率よく自分でクレジットカード現金化する方法は3つ

ショッピング枠の現金化を利用しすぎ

クレジットカード現金化における失敗の原因の1つに、現金化業者の利用しすぎもあります。

現金化をしている人の中には、短期間に何度もお金が必要になってしまい、連続で業者を利用してしまう人もいます。

ですが先ほども紹介したようにカード会社は利用者が現金化をしていないかを厳重にチェックしており、頻繁に同じような商品を購入していたり高額な商品を購入したりしていると現金化を疑います。

そのため現金化業者の利用のしすぎも現金化の失敗に繋がってしまう可能性があるのです。

クレジットカード現金化業者での現金化の失敗例

クレジットカードを現金化する時には現金化業者を利用する人も多いですが、現金化業者を利用したからといって安心できるわけではありません。

先ほども紹介したように現金化業者の中には悪質業者もあり、業者を利用したことが失敗に繋がってしまうこともあります。

現金化業者を利用して現金化に失敗するケースには次のようなものがあります。

振り込みが遅く、必要なときに間に合わなかった

現金化をしたい人の中には、支払の期日が近いのですぐにでも現金を調達したいという人もいます。

ですが現金化業者では手続きをしてから振込までに時間がかかってしまうことがあり、結果現金が必要な時までに手続きが間に合わないということも起こりえます。

最短即日で振り込みができる業者であっても申し込みの時間やプランなどによっては翌日以降になってしまうことがあります。

換金率が事前の説明よりも低くかった

現金化業者では公式サイトなどで事前に換金率を伝えていることが多いです。

ですが業者によっては実際にはその換金率は適用されず、もっと低い換金率になってしまうことがあります。

これは手数料や換金率の変動が原因です。

現金化業者によっては公式サイトには手数料が引かれる前の状態の換金率を提示していることがあり、また換金率は常に変動しているため古い換金率を掲載していることもあります。

そのためいざ利用してみると本来の換金率はもっと低く、思っていたような金額にならないことがあるのです。

現金化が疑われ、カードが利用停止になる

現金化業者を頻繁に利用していたり高額な支払いをしている場合、現金化業者を利用していたとしてもカード会社に現金化を疑われてしまう可能性があります。

そのため現金化業者を利用したことが原因でカードが使えなくなったり、強制退会などの措置が取られる可能性もあります。

クレジットカードの現金化は法律違反?カード会社の規約違反である

商品を受け取らず契約破棄になる

現金化の方法には買取方式とキャッシュバック方式の2種類がありますが、どちらの方法でも業者によっては購入した商品が自宅に送られてきて、それを受け取らなければいけない場合があります。

実はこの商品を受け取らなかった場合、現金化業者側は利用者に違法にお金を貸したことになってしまいます。

そのため商品を受け取らなかった場合契約破棄の措置が取られてしまい、すぐに商品の返送などの対応をしなければならなくなり、トラブルに発展してしまう可能性があります。

これが原因で現金化の失敗に繋がってしまうこともあるので注意しましょう。

クレジットカード現金化のやり方!仕組み・流れを解説

振込みされなかった

現金化業者の中でも詐欺行為を目的としている悪質な業者の場合、クレジットカードで支払いをしたにもかかわらず現金が振り込まれないというケースも発生しています。

その結果本来振り込まれるはずだった現金は振り込んでもらえず、クレジットカードで支払いをした分だけが請求されてしまい、お金だけをだまし取られてしまうのです。

このような失敗は大手の現金化業者ではまず起きないのですが、名前を聞いたことがないような業者だと起きてしまう可能性があります。

今回紹介してきた失敗は、現金化業者選びを間違えてしまい、悪質業者などを利用したり自分が求める条件に合わない業者を選んでしまうことが原因です。

そのため現金化業者を利用する時には、しっかりと業者を選び安全に失敗せずに現金化ができる業者を選ぶ必要があるのです。

クレジットカード現金化で失敗しないためにはどうすればいいの?

先ほども紹介したようにクレジットカード現金化は悪質業者を利用してしまうと失敗するリスクが高くなります。

そのため現金化で失敗しないためには、悪質業者を選ばずに優良な業者を選ぶ必要があります。

悪質業者を選ばないようにするために、現金化業者を選ぶ時には次のことを意識しましょう。

運営年数が長い業者を選ぶ

現金化業者の中でも悪質な業者は、悪評が広がって利用者が減ることを避けるために、短期間で開店と閉店を繰り返してすぐに名前を変えてしまう傾向があります。

そのため悪質業者の多くは運営年数が短いです。

そんな悪質業者を避けるためには、できるだけ運営年数が長い業者を選ぶことが重要です。

運営年数が長い業者はそれだけの間多くの人に選ばれ続けているということでもあり信頼性が高く、悪質業者の可能性が低くなります。

運営者情報や会社概要がきちんと書かれている業者を選ぶ

現金化業者の公式サイトを見てみると、会社概要や運営者情報が記載されています。

ここの情報ができるだけ詳細に書かれている業者を利用することで悪質業者を避けることができます。

悪質業者はトラブルになった時に利用者が対応できないように、詳細な住所を記載していなかったり、電話番号などの連絡先を記載していません。

一方で優良な業者の場合は住所が部屋番号などまでしっかりと記載されています。

優良な業者の中にも住所などが詳しく描かれていない場合もありますが、詳細な情報が書かれている業者を利用した方が安全でしょう。

クレジットカード現金化に失敗する人まとめ

今回紹介してきたように何も考えずに現金化業者を利用したり現金化をしたりしてしまうと、失敗してしまう恐れがあります。

失敗してしまうと損をするだけではなく大きなトラブルに発展したり、カード自体が使えなくなってしまう恐れもあります。

失敗の原因を把握しておけばそのリスクは大きく下げられるので、今回紹介した内容を押さえた上で現金化をするようにしてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
高橋 直樹

高橋 直樹

43歳の元ギャンブラー。お金に困った時に役立つ情報をブログで配信!今月ピンチな場面で役立つクレジットカード現金化について詳しく解説!様々な現金化業者を実際に利用し、忖度なしで辛口で評価!利用者目線で業者選びに役立つコンテンツを意識して記事を執筆しています。

-初めての現金化マニュアル

高還元率の優良店
【公式】アーク(Arrk)
24時間365日対応!※クレジットカード以外はご使用できません