【商品券を現金化のやり方】換金できる場所や換金率の相場とは

急に現金が必要、でもローンは審査があるし、誰かに借りるのもいまいちと言うとき、思いつくのはクレジットカードの現金化ですね。

実はこのクレジットカード現金化にもいくつか方法があるのです。

もちろん業者に頼むのが最も面倒無いのですが、自分でもできないことはありません。どちらにしたらと迷うことも多いでしょう。

特に商品券の現金化は、金券ショップでの買取もすぐにしてもらえるので、自分でやったほうが良いかもと考えてしまいます。そのあたりのメリットとデメリット、解説していきます。

ざっくり言うと

  • 商品券を現金化するのに「金券ショップ」「ネットオークション」「郵送買取」の3つの方法がある。
  • 商品券の換金率の相場は75~97.5%
  • まず「買取デラックス」など専門サイトで高く売れるかチェック

目次

商品券現金化のやり方3選

クレジットカードを使って商品券を購入、その後自分で現金化するには大きく分けて3つの方法があります。

①金券ショップに持ち込んで現金化

クレジットカードで商品券を購入して、それを街角にある金券ショップに持ち込んで売る方法です。面倒もなく、その場で現金が手に入ります。

金券ショップでの換金率は細かく変化します。なのでその日の換金率をまず問い合わせることをおすすめします。大体商品券の場合、90%を超えてきます。

金券ショップで商品券を現金化する流れ

  1. 商品券を持ち込みます。
  2. その商品券の換金率が提示されます。
  3. 換金率に納得したら書類に住所氏名など書き込み、身分証明書を提示します。
  4. 現金が手渡されます。

換金率に問題なく納得できれば、時間もかからず現金化ができます。

メジャーな商品券なら90%以上の換金率が期待できますので、かなりいい条件で現金化ができます。
あわせて読みたい
自分でクレジットカード現金化する方法5選!業者を使わないやり方を解説 クレジットカードの現金化をするなら専用の業者を使った方が良いと言うのはよく聞きますね。 でもクレジットカード現金化業者にネガティブな印象を持っている人も多いの...

②ネットオークションで現金化する

クレジットカードで購入した商品券を、ネットオークションで出品して売る方法です。

時に原価よりも高く買値が付くこともあります。また即決価格を設定することにより、あまりに低い換金率からは逃れることができます。

90%あたりに即決値を設定しておけば、大して損なく現金化ができる方法です。

オークションで商品券を現金化する流れ

  1. 商品券の写真を撮って開始金額や説明とともに出品します。
  2. オークション終了日もしくは即決での終了を待ちます。
  3. 入札が決定したら商品を発送します。
  4. 落札者が商品受取後にオークションサイトからの振り込みを待ちます。

時には換金率100%を超えることもあるオークションでの現金化ですが、反面売れるという保証がないのがデメリットです。

現金化までに時間がかかってしまうのは、どうしようもありませんね。

③郵送買取で現金化する

大手の金券ショップの場合、持ち込みだけでな郵送での商品券買取も行っています。商品券を郵送もしくは宅配で送って買い取ってもらいます。

実店舗での買取と基本変化はなく、大手の商品券の場合90%以上はほぼ確実です。
ただ郵送費など係る分出費があるので、そこを含めると換金率がいささか低くなりますね。

郵送買取で現金化する流れ

  1. ネットや電話で申し込みをして買取申込書を手に入れます。
  2. 買取申込書と身分証明のコピー、商品券を送ります。
  3. 査定金額に確認が入りますので、納得できたらその旨伝えます。
  4. 店舗から振り込みもしくは現金書留で入金されます。

近くに店舗がない場合便利なのがこの方法です。換金率も実店舗と大して変化がないので、そこそこ高値で売ることができますね。

ただ郵送料や振込手数料は利用者負担になることが多いので、その点は確認しておいてください。

商品券の換金率の平均相場は?

どの商品券が高く売れやすいかは、商品券の種類に加えて、売るお店次第です。

しかし、各商品券でもお店によって誤差はあれど平均相場は決まっています。

百貨店系
全国共通百貨店商品券→約95~98%
大丸・三越・そごう等一部店舗向け→約90~98.5%

スーパー系
イオン・セブン&アイ等全国展開の大手スーパー→約94~98%
イズミ等一部地域での営業のローカル系スーパー→約75~97.5%

図書カード→約75~90%

信販系ギフトカード→約93~98%

比較的売られる事が多い商品券に絞ると次の数字が平均相場と言えます。

商品券で現金化した人の口コミ

業者に頼むより換金率良いんじゃないと思ったけど、交通費とか時間考えたら、換金率低いんじゃないかと気がついた。
まとめて商品券を買ったせいか店員に、随分多くお使いですね贈り物ですか、とか言われて。明らかに疑われていたなあ。通報とかされなければいいけど。
商品券購入してその脚で金券ショップ、で帰宅したらカード会社から電話が。合コンパーティーの賞品に使うので、とかごまかしたけどヒヤッとしました。

バレないだろうと思っていても、意外と店側もカード会社側も目を光らせているのがわかりますね。直ぐに電話がというのは、かなり怖いです。

言い訳も、とっさに思いつけないこともありますから、本当に用心が必要です。

商品券を現金化することの違法性

こうした現金化は違法なのではと、もしくは違法だから止めたほうが良いと勧められたりもします。

しかし自分のカードで購入した商品券は自分の持ち物ですね。それを売るのですから違法性はありません。

問題としては、カード会社の規約違反になってしまうということです。

カード会社の規約には、クレジットカードを現金化するのに使用することは違反、となっているのです。これは時にカード停止などのリスクもあるので注意してください。

ただ購入したものを使わないので現金に変えるということ自体は、違法性も規約違反も無いので安心してください。

あわせて読みたい
クレジットカード現金化って違法なの?現金化のリスクや法律違反になるケース インターネット広告などでよく見かけるクレジットカードの現金化。 手持ちのクレジットカードを利用して現金を用意する方法ですが、本来クレジットカードはそのように利...

商品券を現金化することのメリット

金券ショップに持ち込むならすぐに現金を受取れる

駅前などに1軒はあるのが、金券ショップです。金券ショップで商品券を扱っていないというお店はまずありません。

そしてその日の換金率に問題がなければ、その場で息現金を受け取れるのが、最も強みですね。時間も手間もかからず現金化ができます。

換金率は高めで損が少なくてすむ

こうしたお店の買取商品の中で、商品券というのは換金率が非常に高めです。それだけ需要が多いので、高く買い取ってくれるのですね。

もちろん100%での買取というのはまずありませんが、高ければ98%での買取などもあります。1000円の商品券で、20円の損で済むのですからお得ですね。

商品券の現金化についての注意点

現金化までに時間がかかる場合もある

現金化がすぐできるかと言うと、その保証の限りではないのです。実店舗に持ち込んだ場合は即買取も可能ですが、オークションや郵送だとそうも行きません。

特にオークションの場合、入札決定するまでに時間がかかることが多いですし、その後品物を送って入金までまた時間がかかるのです。

即日現金化を、と言う人には不向きなのです。

カード会社にバレるリスクはゼロとは言えない

現金化が目的でカードで購入した商品券を買い取ってもらった場合、特に商品券やブランド品は人気商品だということ、これはカード会社も心得ています。

短期間の間に何度も、商品券購入を繰り返していると、バレるリスクも高まってしまうのです。

商品券の現金化がカード会社にバレたらどうなる

クレジットカードで商品券を転売目的で購入することは規約違反になり、主なペナルティーとして「カードの利用停止」となります。

規約違反になるので、罰則は結構厳しいです。

カードの利用停止や、解約の挙げ句にそこまでに購入した品物の一括支払いなど、かなり大きな信用問題にもなってきます。

加えてカードをよく使う人の場合、日常生活にもこの一括返済で困難になる危険性が出てきますね。更に、信用情報機関へも登録され、新規にクレジットカードを作るのも難しくなります。

自己破産も、こうした状況ではできないので、本当に注意が必要です。

商品券の現金化でバレた人・バレなかった人の口コミ

実際にカードで購入してバレた人とバレなかった人の口コミも紹介です。

バレた人の口コミ

カード会社から電話が入ったので何かな?と思ったら利用履歴の確認でした。普段の買い物とは違う買い物がここ数週間見られたとの事でした。やっぱ商品券購入でもバレる物ですね…
カード会社から「いつもと違う買い物が多いのですが?」と確認の電話がありました。隠し通せず観念して正直に話しました。幸い一時的に利用停止で済みましたが、結構バレやすいです…
商品券を何度か買ったらカード会社から「何の目的で買いました?」と連絡がありました。景品の用意でとその場はやり過ごしましたが、カード会社はちゃんと利用履歴見てるんですね。

バレなかった人の口コミ

金額が千円程度だからなのかもしれませんが、カード会社から連絡はありませんでした。ネットで言われる程連絡は来ないのかな?と思いましたが、用心しておいた方が良さそうです。
買ったのは図書カードやビール券ですが、こっちは何も言われませんでした。商品券でも使用出来るのが限られている商品なのは問題無いのかな?自分がやった限りではセーフ?でした。
何度かJCBギフト券をカードで買いましたが、連絡は特にありません。1ヶ月に1回程度で金額も5千円未満の物を購入と転売とは思われにくくしたのが理由なのかな?と読んでいます。

カード会社も利用履歴の中におかしいのがあれば、連絡は必ず行ってるのでバレやすいですね。

一方で、金額が低い物や利用出来る場所が限られる物は転売での使用は無いと判断されているのか、見つかりにくいです。

バレないための対策

口コミを見る限りではバレない時もあるとは言え、絶対にバレないとは言い切れません。

なので、バレないように対策があります。

その中でも対策しやすい方法がこちらです。

一度に大量に購入しない

商品券を大量に購入するのではなく、ある程度の間隔(約数週間から数ヶ月)を空けつつ、数枚(10枚未満の範囲)での購入がオススメです。

これなら転売しても旨味が無いと判断され、通常の利用としても判断されやすいです。

特定の商品で使える物にする

信販系や全国共通のだと使える場所も多く、換金目的の購入も多いので警戒されやすいです。

一方で、図書カード・ビール券・食事券等の特定のお店、且つ特定の商品しか使えないのは転売目的でも旨味も無いと判断されやすいです。

これらの商品なら景品やプレゼント目的の購入と説明もしやすいので、従来の商品券と比べて比較的安全です。

急ぎで現金化したい人には現金化サイトがおすすめ

一見、多くの手数料を取られていて損するように思える、現金化業者での現金化、実は安全でしかも手早いのです。

キャッシュバックタイプでの現金化の場合、違法でもありませんしカード会社の規約違反にも引っかからずに済みます。また店舗まで行く必要も、荷物を送る手間もなく済むのです。

しかも早ければ10分程度で振り込みが行われます。

急に現金が必要になった時、安全に現金化するのはやはりこうした業者の利用が一番ですね。

商品券を現金化するまとめ

以上、商品券を現金化する方法について解説しました。

商品券というのは金券ショップでも人気の賞品ですから、自分で購入して持ち込んで現金化というのも、できないではありません。

それなりに換金率も高いのですから、自分でと思うのも当然です。

しかし手間や時間がかかる分、結果的に業者に頼んだほうが換金率も高く、カード会社にもバレずに安全に現金化ができるというのは事実なのです。

この記事を書いた人

43歳の元ギャンブラー。お金に困った時に役立つ情報をブログで配信!今月ピンチな場面で役立つクレジットカード現金化について詳しく解説!様々な現金化業者を実際に利用し、忖度なしで辛口で評価!利用者目線で業者選びに役立つコンテンツを意識して記事を執筆しています。

目次
閉じる