クレジットカードの現金化は法律違反?カード会社の規約違反である

クレジットカードの現金化をしたいけど、違法かどうか気になる。問題なければちょっとだけ現金化業者を利用して現金化したい。こんなふうに思っている人も少なくありません。

  • クレジットカードの現金化は違法なのか?
  • ショッピング枠を現金化目的で利用しても問題ないのか?
  • クレジットカードを現金化した場合のリスクとは?

上記のことについて解説していきます。

クレジットカードの現金化は業者側が違法と判断される

実はクレジットカード現金化業者が摘発された例はあるのです。

現金化は違法ではないと聞いたことがある人にとっては衝撃的な内容かもしれませんね。

なぜ摘発されてしまったのかというと、警察が「ショッピング枠をキャッシング目的のために利用させるという商法は、ショッピングを装ったお金の貸し付けだ」と判断したからです。

つまり現金化業者は金融業者であると認定したということです。

もちろん金融業者だから摘発されたわけではありません。許可を受けずに営業していたことが問題なのです。

金融業者は「貸金業法」という法律にもとづいて登録をする義務があります。しかし基本的に現金化業者は貸金業の許可を受けていません。

これにより貸金業法違反という判断になってしまったのです。

また、現金化業者の手数料などを金利として計算してみると、出資法の上限金利を大幅に超過しています。

つまり貸金業方だけではなくて出資法にも違反しているというわけなんです。

クレジットカード現金化は何のため?現金化する理由や目的とはを見る

現金化を利用する側はどうなの?違法で逮捕されてたりしない?

一方、私たちが現金化業者を利用した場合には摘発の対象になるのでしょうか?安心してください。

これまで現金化業者の利用者が摘発されたことは一度もありません。

ただしクレジットカードで購入した商品は、代金が完済されるまでクレジット会社に所有権があることは知っておくべきでしょう。

つまりまだあなたのものではないということですから、現金化業者から手に入れた商品を転売すると「横領罪」にならないとは言い切れません。

それに加え、現金化のためにクレジットカードで商品を購入していることをクレジットカード会社を相手に詐欺をしていると認定されてしまった場合には「詐欺罪」になる可能性がないとは言い切れません。

最も気をつけなければいけない事は、クレジットカード現金化目的で利用する事はカード会社が定めている利用規約に違反すると言うことです。

カード会社は現金化を目的としたクレジットカードの利用を利用規約で禁止していて、これは申し込み用紙にきちんと記載されています。

そこにサインをしたにもかかわらず現金化をすると言う事は、ルールを破ってしまったということになるので、何かのペナルティーがあるかもしれません。

クレジットカード現金化のやり方!仕組み・流れを解説を見る

クレジットカードの現金化をすることのリスク5選

さて、クレジットカードの現金化をすることによって発生するリスクについて見ていきましょう。

クレジットカードを強制解約処分がある

もし現金化にクレジットカードを利用していることがばれてしまった場合、クレジットカードの強制解約があるかもしれません。

クレジットカード会社からあなたはカードを使うのにふさわしくないと言われてしまうのです。

クレジットカードは大変便利ですからもし強制解約されてしまうと嫌ですね。

インターネットショッピングなのでクレジットカードを使う機会が増えているはずなので、非常に不便なことでしょう。

利用した分の一括返済を求められる

クレジットカードの強制退会だけであれば、新しくクレジットカードを作れば良いので問題ないと思うかもしれません。

しかしさらに厳しいペナルティーがあるかもしれません。

それは利用した料金の一括返済を求められる可能性があると言うことです。

きっとクレジットカードの現金化をしている人はお金に困っているはずです。

そんな人に利用した分の一括返済を求めるわけですから、さらに生活が厳しくなる可能性がありますね。

クレジットカード現金化を疑われた時の対処法3選を見る

悪質業者だった場合、個人情報を利用され、詐欺や犯罪に巻き込まれることもある

クレジットカード現金化業者を利用するときにはあなたの個人情報を提出しなければいけません。

もし利用したクレジットカード現金化業者があなたの個人情報を転売していた場合、詐欺や犯罪に巻き込まれてしまう可能性があるのです。

こういったトラブルを避けるためには、安心して利用できる大手の現金化業者を利用する必要があります。

業者によっては高額な手数料を徴収される可能性もある

クレジットカード現金化業者は、手数料を自分で決めることができます。

法律によって縛られていないからです。

良心的なクレジットカード現金化業者を利用すれば良いのですが、悪徳な業者を利用してしまった場合には高額な手数料を徴収されることもあるかもしれません。

業者を使わず自分でクレジットカード現金化する方法は3つ!最も難易度が低いのは?を見る

返済できなくなるケースも

クレジットカードの現金化は非常に便利で、簡単にそしてすぐに現金を入手することができます。

初めて利用した場合にはあたかも錬金術のように感じることがあるかもしれません。

しかし当然のことですがクレジットカードの現金化は錬金術ではなく、利用した分は必ず自分が後日返さなければいけません。

あまり調子に乗ってクレジットカードの現金化をしすぎてしまうと、支払いが滞って返済できなくなってしまう可能性も十分に考えられるでしょう。

クレジットカード現金化をして後悔する人ってどんな人?特徴と対処法を見る

クレジットカード現金化をして借金を作った場合は自己破産ができない?を見る

クレジットカードの現金化は慎重に

クレジットカードの現金化を行う事は違法行為ではありませんが、カード会社が定める利用規約に違反します。

万が一現金化していることがばれてしまった時はそれなりのペナルティーが課される可能性が高いのです。

また様々なデメリットがあるため、現金化を行うときには慎重に検討することを強くお勧めしたいと思います。

クレジットカード現金化おすすめ優良店23社・比較ランキング

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
高橋 直樹

高橋 直樹

43歳の元ギャンブラー。お金に困った時に役立つ情報をブログで配信!今月ピンチな場面で役立つクレジットカード現金化について詳しく解説!様々な現金化業者を実際に利用し、忖度なしで辛口で評価!利用者目線で業者選びに役立つコンテンツを意識して記事を執筆しています。

-初めての現金化マニュアル

高還元率の優良店
【公式】アーク(Arrk)
24時間365日対応!※クレジットカード以外はご使用できません