クレジットカード現金化って違法なの?現金化のリスクや法律違反になるケース

インターネット広告などでよく見かけるクレジットカードの現金化。

手持ちのクレジットカードを利用して現金を用意する方法ですが、本来クレジットカードはそのように利用するものではありません。

今回はクレジットカード現金化が法的にどのような扱いになっているのかを詳しく解説します。

目次

そもそも現金化とは?

まずはクレジットカードの現金化について簡単に説明すると、クレジットカードを利用する際にはショッピング枠というものがあり、枠内の金額であれば買い物やサービスの支払いに利用して後で利用した分が引き落とされるという仕組みになっています。

つまり支払いは後で行うため、お金が無くても商品を購入できるわけです。

あわせて読みたい
クレジットカード現金化とは?仕組み(やり方)とメリット&デメリットを解説 クレジットカード現金化ってカードのショッピング枠を換金することをはなんとなく知っているけど、具体的にどんな仕組みで現金化されているのかは理解できていない人も...

そこで現金化ではショッピング枠を利用して商品を購入することで現金化を行う手法二種類が主に使われています。

・買取方式

クレジットカードで商品を購入して、購入した商品を業者が提携している買取業者で買い取ってもらって現金にする方式。

基本的に購入した商品が手元にくることはないので買い物した感覚は薄い。

・キャッシュバック方式

クレジットカードで特に価値のない商品を購入して、その商品購入に対してキャッシュバックを行うという方式。

多くのクレジットカード現金化を行っている業者はこの二種類のどちらかの方法をとっています。

あわせて読みたい
現金化の「キャッシュバック方式」と「買取方式」の違いを解説! クレジットカード現金化のやり方は、大きく分けてキャッシュバック式と買取式の2つの方法があります。 キャッシュバックとはなにか、買取方式とは何か、イマイチよく分...

クレジットカードの現金化の違法性

クレジットカード現金化は法律的には問題ない?

クレジットカードの現金化を利用する時に一番気になるのが違法性はないかという点でしょう。

現時点ではクレジットカードの現金化はグレーゾーンと言わざるを得ません。

クレジットカード会社の規約上は問題のある行為なのですが、明確にクレジットカードの現金化を禁じる法律は今のところありません。

もちろん既存の法律を拡大解釈して違法とするような可能性もゼロではありませんから、今後どうなるかは不明です。

現時点でも悪質な場合はもしかしたら詐欺罪が適応される可能性もあります。

実際にはクレジットカードを利用して買い物したものを売却して現金を用意したとしても、最初から売却目的で購入したのか購入した後に不要になって売却したのかを第三者が判断することは難しいため取り締まられる可能性が低いのですが、規約違反行為は避けるべきでしょう。

基本的にはクレジットカードの現金化は法的に完全にアウトではないだけで、推奨できない方法であることは間違いありません。

現行紙幣・貨幣などをクレジットカードで購入する事もショッピング枠の現金化に該当する行為です。このような取引行為を、弊社会員規約では禁止しております。

引用:三井住友カード|ショッピング枠の「現金化は厳禁です!」

このようにクレジットカード会社の規約には明確に現金化をしてはいけないという決まりがあります。

カード会社のほとんどは現金化を規約で禁止しており、現金化がバレたら、カードの強制解約や、使ったショッピング枠の一括返済などのペナルティが課せられます。

規約違反をして現金化したことがバレた場合は、カードの支払いを一括で求められたりカードの強制退会といった事になりかねません。

もちろん退会となればすぐにカードを作りなおすことも出来ませんから、今後長期的にクレジットカードを利用できなくなるという可能性があるわけです。

クレジットカード現金化の5つリスク

クレジットカードの現金化には様々なリスクがあります。具体的なリスクとしては以下のようなものがあります。

金銭的な損をするリスク

リスクというよりも損をするのは確定です。

まず商品を購入して売却するという方法では購入金額を上回ることがないのは想像できると思います。
実際にはかなり足元を見られる価格設定なので、利用すると金銭的にかなり損です。

もちろんキャッシュバック方式でも購入金額に対するキャッシュバック額はかなり差額があります。

詐欺や犯罪といったトラブルのリスク

クレジットカード現金化の業者の中には悪徳業者も存在しています。

例えばクレジットカードで商品を購入してすぐに現金が振り込まれるはずだったのに全然振り込まれないといった詐欺のリスクなどが考えられるでしょう。

あわせて読みたい
悪質現金化業者の手口5つを公開!利用すると危険な現金化サイトの特徴とは? 最近、現金を手に入れるために現金化業者を利用する人が多くなっています。 現金化サイトを利用すれば、わざわざ実店舗に足を運ぶ必要もなく現金化ができます。 どこに...

クレジットカードの不正利用と判断されたら一括返済しなければいけないリスク

そもそもクレジットカードの現金化をする人はお金が無くて困っているはずです。

そんな人がクレジットカードの支払いを一括で請求されて支払えるでしょうか?

生活が一気に厳しくなってしまうリスクもあるわけです。

クレジットカードの利用停止や強制退会のリスク

規約違反なので当然このようなペナルティもあります。

WEBサービスの支払いや旅行時の保険などクレジットカードがあった方が便利な場面は沢山ありますが、こうした便利な機能が使えなくなってしまうのはもったいないです。

もちろんクレジットカードの基本機能である支払いが後回しにできるという恩恵も利用できなくなるわけですからデメリットとしては非常に大きいでしょう。

自己破産できないリスク

クレジットカード現金化のような不正行為を行ったうえで借金を抱えてしまった場合、自己破産といった債務整理で不利になる可能性があります。
特にクレジットカードの現金化を考えるようなケースでは、既に金銭的に厳しい状況な事が多いですから、最終防衛手段である自己破産を自らできないようにしてしまうのは危険でしょう。

あわせて読みたい
ショッピング枠を現金化して作った借金は自己破産できない? 返済に追われて日常生活にすら支障が出た結果、自己破産を申請して綺麗サッパリにした方が良いと考える人もいるでしょう。 しかし、自己破産の原因がクレジットカード現...

カード会社に現金化していることがバレたら?

カード会社に現金化がバレると即時カード利用停止の上で使った分の一括払いを求められ、応じない場合、もしくはカード会社によってはすぐに強制退会になります。

クレジットカード現金化をする人は生活に苦しんでいる人が多く、カード会社から一括返済を要求されるとさらに生活が苦しくなります。

クレジットカードの強制解約の前に滞納などをしていると、事故情報として登録されるので、新しいカードか作れない可能性が出てきます。
[st-cmemo webicon=”st-svg-bigginer_l” iconcolor=”#9CCC65″ bgcolor=”#F1F8E9″ color=”#000000″ bordercolor=”” borderwidth=”” iconsize=””]知らなかったでは済まされません。[/st-cmemo]

クレジットカードを利用した後、カード会社への振り込みが完了するまで料金を立て替えてもらっている状態となり、正確には購入した商品の所有権もカード会社側にあることになるのです。

所有権が自分にないものを勝手に売りに出すと、詐欺罪や横領罪に該当すると考えられます。

あわせて読みたい
クレジットカード現金化が疑われたときの対策方法!バレないための秘訣も クレジットカード会社から電話がかかってきて現金化を疑われた」 「高額な商品も買ってないのに現金化を疑われる理由って何?」 など、クレジットカード現金化を疑われ...

クレジットカード現金化をして逮捕されることもある?

現時点ではクレジットカード現金化を利用したユーザーに逮捕者は出ていません。

そういった判例がないというだけで安心して利用できるということにはならないので注意は必要です。

また、業者側には出資法、貸金業法違反として逮捕されたケースは存在しています。

出典:カード現金化、出資法違反容疑で初摘発 警視庁: 日本経済新聞

クレジットカードの現金化という理由での逮捕ではありませんが、悪質なケースは既存の法律の枠組みを利用して逮捕に繋がるケースは今後もあるでしょう。

利用者としても逮捕されるリスクが全くないわけではないので、基本的にクレジットカードの現金化は利用しないようにしましょう。

キャッシュバック式の現金化は合法?

キャッシュバック方式は、商品購入特典として現金をプレゼントする、家電店や携帯ショップなどでもよく見られる方法で現金化を行います。

こちらは購入したものを売りに出す必要はなく自身で所有したままになりますので、買取方式のように横領罪に該当することはありませんからその点では安全です。

商品を購入したらキャッシュバックをもらった」という形だからこそ、キャッシュバックで合法的に現金化ができるようになっているのです。

自分で売買するのはバレるリスクが高い

クレジットカード現金化は業者を通さなくても個人で行えますが、すべてが自己責任になります。

転売目的でどんな商品を購入したか履歴にも明確に残りますし、規約違反及び横領罪の適用の可能性もあるでしょう。

また、通常不要品を売りに出すだけでは特別な許可は必要ありませんが、転売によって定期収入を得ていた場合、大金を得ていた場合には商売行為と見なされる場合もあります。

あわせて読みたい
自分でクレジットカード現金化する方法5選!業者を使わないやり方を解説 クレジットカードの現金化をするなら専用の業者を使った方が良いと言うのはよく聞きますね。 でもクレジットカード現金化業者にネガティブな印象を持っている人も多いの...

現金化業者を利用して方が安全

営業に必要となる許可をきちんと取っている、買取方式の業者なら古物商許可証を得ている、貸金行為を行っていない優良業者を賢く利用するのが、法律違反を心配せずに法に則って現金化する安全な手段です。

  • 会社概要が明記されている
  • これまでカード事故を起こしていない
  • 無料相談窓口が設けられている

実際に利用する前に安心して利用できるかどうか、この辺りは確認しておくことをおすすめします。

現金化業者の平均換金率が80%前後ですから、目安としてそれよりもお得に換金できる業者であればなおいいでしょう。

手続きを早く済ませられ、契約後即時入金を約束しているところを選ぶのもポイントです。実際に利用したかたの声を参考にしてみてください。

なお、24時間365日いつでもインターネットから申し込める業者だとより好都合です。24時間営業のネット銀行を振り込み指定先にできる業者であれば、土日祝日も即日対応ができるため、より使い勝手がよくなります。

あわせて読みたい
自分でクレジットカード現金化する方法5選!業者を使わないやり方を解説 クレジットカードの現金化をするなら専用の業者を使った方が良いと言うのはよく聞きますね。 でもクレジットカード現金化業者にネガティブな印象を持っている人も多いの...

クレジットカード現金化違法性のまとめ

以上、クレジットカード現金化は違法なの?というテーマで解説しました。

クレジットカードの現金化は現時点では法律で制限されていませんが、今後はどうなるかわかりません。

クレジットカードの規約違反行為であることは間違いありませんし、バレた場合のリスクも非常に大きいので利用しないようにしましょう。

この記事を書いた人

43歳の元ギャンブラー。お金に困った時に役立つ情報をブログで配信!今月ピンチな場面で役立つクレジットカード現金化について詳しく解説!様々な現金化業者を実際に利用し、忖度なしで辛口で評価!利用者目線で業者選びに役立つコンテンツを意識して記事を執筆しています。

目次
閉じる