クレジットカード現金化で実質換金率の相場を公開!業者によって換金率が違う理由を暴露

クレジットカード現金化 換金率 相場

お金に困った時はクレジットカード現金化することで現金を簡単に手にすることができますが、クレジットカード現金化業者の換金率見てみると、「90%以上の換金率保証」とか「100%の換金率」なんて記載もあります。

「単純に換金率が高いクレジットカード現金化業者を選べば良いのでは?」と思うかもしれませんが、果たして本当にそうなのでしょうか?

この記事ではクレジットカード現金化優良店を調査している編集部が、実際にクレジットカード現金化したときの換金率の相場について紹介したいと思います。

カード現金化の換金率の相場とは

カード現金化の換金率の相場と

クレジットカード現金化の換金率の相場
現金化優良店 公式HPの換金率 実際の換金率
アーク 91~98% 75~83%
あんしんクレジット 最大92% 74~80%
プライムウォレット 最大98% 70~81%

結論から先に言ってしまうと、クレジットカードの現金化の換金率はおよそ80%前後が相場と言われています。ホームページを見てみると業者によっては100%の還元率とか95%以上を自慢しているところも少なくありませんが、実際はそのような事はありません。

広告に記載されている換金率はあくまでも広告です。

優遇措置やキャンペーンなどの条件が完全に揃ったとき「出会えるかもしれない」程度の参考値として見ておくとがっかりしなくて済むでしょう。

基本的に90%を超える実質換金率になる事は絶対にないということは覚えておいてくださいね。

カード現金化業者の換金率の嘘!裏事情を暴露

カード現金化業者の換金率の嘘

なぜホームページに記載されている換金率と実質還元率が異なるのでしょうか。それにはクレジットカード現金化業者におけるこんな裏話があるからなんです。

換金率とは別に手数料や消費税がかかることも

クレジットカード現金化業者もサービスでやっているわけではなく、歴とした商売です。

換金率を高くしすぎると利益がなくなってしまい、自分たちが存続できなくなってしまいます。

そこでクレジットカード現金化業者が提示している換金率とは別に、「手数料」と言う名目でお金を取られたり、別途消費税がかかる場合もあります。

換金率アップキャンペーンの嘘

クレジットカード現金化業者のホームページをいくつか見てみると、「今だけ換金率アップキャンペーン実施中」と言う宣伝文句が記載されていることに気がつくでしょう。

これを見て、「今、この業者で現金化をしなければ損だ!」と思い込んではいけません。

利用者は本当にキャンペーンが適用された換金率で利用できているのか判断することはできないのです。

クレジットカード現金化業者は換金率も手数料も任意で設定できるシステムになっています。

アップキャンペーンとして謳っておきながら、換金率や手数料で利益を調整しているのです。

あなたが何度も何度もその業者を利用して比較しない限り、本当に換金率アップキャンペーンの恩恵を受けてているのかどうかわからないのです。

換金率表に書かれている数値は最大値

クレジットカード現金化業者のホームページを見てみると必ず換金率の表があります。

単純に「この表を見て業者同士を比べれば良いのではないか?」と思うかもしれませんが、残念ながらそんな簡単なことではありません。

ホームページに記載されている表に書かれている数値はあくまでも最大値であり、必ずしも今回のあなたが適用されるとは限りません。

そして残念なことに、実際の取引で公式サイトに記載されている還元率で現金化してもらえる事はほとんどありません。

最大」とか「保証」また「一律」という大袈裟な表記を鵜呑みにしてはがっかりしますよ。

利用する現金化業者によって換金率が違う理由

現金化業者によって換金率が違う理由

なぜ利用する業者によって実質換金率が異なるのでしょうか。

なぜなら「ホームページに記載されている換金率通りに現金化される事は無いから」です。
がっかりしましたか?

というのもクレジットカード現金化するにあたり「手数料」と言う名目で費用を持っていかれることになっていますが、それは業者が自由に設定することができます。

極端な話、手数料は数十円でもいいですし、数万円徴収しても違反ではありません。

そしてこの手数料はブラックボックスになっていて、一般の利用者は決して知ることはできません。

こう言った理由により、利用する業者によって換金率が違うというわけなんです。

業者のホームページに記載された換金率を横並びに比較しても意味がないというのはこういうことなんです。

業者の広告にある換金率と実質換金率は一致しない

業者の広告にある換金率と実質換金率は一致しない

広告に記載されている換金率と実際の換金率は一致しません。そして実質の換金率を提示している業者はほとんどありません。

例えば「90%以上の換金率で換金します」と言う業者や「広告の通りの換金率を保証します」と言い切る業者は、確かに提示されている「換金率」は守っています。

しかしその他に様々な名目で手数料を徴収してきます。

広告に記載されている換金率があまりに高すぎる業者は後々トラブルになる可能性が非常に大きいものです。

必ず口座に振り込まれた金額を確認して、自分が想定した金額と大きく違わないかチェックしましょう。

事前に換金率を聞いても曖昧な返事しかもらえないのはなぜ?

事前に換金率を聞いても教えてくれない

実行力があるあなたは「ホームページに書かれている換金率が当てにならないなら直接電話して聞けば良いじゃないか」と思うかもしれませんね。

しかし事前に「直接」換金率を電話やメールで尋ねたとしても、実質の換金率を教えてくれることはありません。なぜでしょうか?

それは、もししっかりとした換金率を出して他社と比較されてしまった時、条件が悪かった場合は自分たちを選んでもらえないからです。

クレジットカード現金化業者はたくさんありますが、当然、彼らは自分たちを利用してほしいと思っていますよね。

そんな彼らには、利用前に正確な換金率を教える意味がないのです。

しかし中には親身になって相談に乗ってくれるクレジットカード現金化業者もあります。

もしそのような業者に巡り会えた場合は安心して利用できると言い切って良いかもしれません。

実質換金率が低くするのは業者の利益をとるため

実質換金率が低くするのは業者の利益をとるため

実質の換金率が広告の換金率が低くなってしまう理由は、低くすればするほど業者が儲かるからに他なりません。

クレジットカードの決済額と利用者が手にした現金の利鞘がクレジットカード現金化業者の利益に直結しますよね。

現金化業者は薄利多売ですが、少しでも実質換金率を低くして手元に利益を残したいと考えています。
クレジットカードの現金化をするための手数料が一体いくらなら正当なのか?

そんなことは誰にもわかりません。

実質換金率はブラックボックスで、ある意味業者の良いなりにせざるを得ない、というのはクレジットカード現金化におけるちょっとした闇なのかもしれません。

相場より高すぎる換金率&低すぎる換金率に要注意

相場より高すぎる換金率&低すぎる換金率に要注意

そんなこと言われたら、利用者は損するしかないじゃないか!」そんな風に思うかもしれませんね。

しかし安心してください、そんなことはありません。

この記事をしっかり読んでもらえれば、クレジットカードの現金化の換金率が80%程度であることを理解していただけたかと思います。

この相場よりも高すぎる換金率または低すぎる換金率を提示している業者には注意が必要です。

インターネットがこれだけ普及した時代、クレジットカードの現金化の換金率を調べるのはそれほど難しいことではありません。

そんな中でふざけた換金率を提示してくると言う事は利用者を完全に馬鹿にしています。「どうせわからないんだから適当に吹っかけておけ」という声が聞こえてくるようです。

相場よりも高すぎる換金率や低すぎる還元率を提示している業者は絶対に利用しないようにしましょう。それが適切な業者を利用する助けになるのです。

換金率を調べずに利用するリスク

クレジットカード現金化業者の換金率はあまりあてにならないことがわかっていただけたかと思います。

しかし、クレジットカード現金化をするにあたり換金率をチェックすることはとても大切である、とあえて言わせてもらいましょう。

なぜなら「悪徳な業者は最初にありえない換金率を提示してくるから」です。

クレジットカード現金化におけるおおまかな換金率の相場がわかっていないと、悪徳業者の餌食になってしまうリスクが高まります。

悪徳なクレジットカード現金化業者に引っかからないためにも、必ず利用する前に還元率を調べておくことをお勧めしています。

クレジットカード現金化の悪質業者の手口とは?悪質業者の見分け方

続きを見る

クレジットカード現金化業者の換金率相場のまとめ

クレジットカード現金化業者の換金率相場のまとめ

以上、クレジットカード現金化業者の換金率が相場、事前に換金率を教えてくれない理由について紹介しました。

クレジットカードの現金化における換金率は業者が決めることができるためしっかりとした基準がないのが事実ですが、大体80%程度が相場です。

この相場よりも高すぎる、もしくは低すぎる換金率を提示している業者を利用しないこと、それが賢い利用者への第一歩であり基本なのです。

© 2021 【クレジットカード現金化辛口比較】悪質業者の見分け方