新幹線回数券の売却を利用したクレジットカード現金化はバレる?換金率や安全なやり方

新幹線回数券の売却を利用したクレジットカード現金化

クレジットカードの現金化を行う場合は専門の業者を利用して現金化を行う人がほとんどです。しかし、業者を使わず自分で現金化したい人もいるでしょう。

とくに急いではいないが現金化したい。そんな人は業者を使うよりも自分で現金化した方がお得になる場合もあります。

昔から新幹線の回数券を使った現金化の方法は知られていますが、カード会社も目を光らせているため安全に現金化できる保証はありません。

この記事では、新幹線の回数券を使ったクレジットカードの現金化について詳しく紹介していきます。

ここで分かること

  • 新幹線回数券の現金化する方法
  • 新幹線回数券の換金率
  • 新幹線回数券の違法性
  • 新幹線回数券現金化のメリットや注意点
  • 新幹線回数券の現金化がバレないために

新幹線回数券を利用したクレジットカード現金化のやり方・流れ

step
1
駅で新幹線回数券をクレジットカードで購入する

新幹線の回数券を使ってクレジットカードの現金化を行う場合、まずは駅で新幹線の回数券をクレジットカード決済で購入しましょう。

新幹線の回数券は指定席券売機もしくは駅の窓口で購入可能で、乗車区間を指定して購入を行います。

指定席券売機であれば窓口に並ばずに購入できるため、窓口に並びたくない人は指定席券売機で購入しましょう。

step
2
金券ショップに買い取ってもらう

駅で新幹線の回数券を購入したら、金券ショップに行って買い取ってもらいましょう。

金券ショップで新幹線回数券を買い取ってもらうためには身分証が必要です。

身分証を持っていけばすぐに買い取ってもらえるため、金券ショップが近くにある駅で購入すると短時間で現金化を行えます。

新幹線回数券の金券ショップでの買取相場とは

新幹線回数券の買取相場は94%~90%です。これは「ブランド品買取」や「ゲーム買取」と比較してもかなり高い換金率になります。

新幹線回数券の換金率の相場が高い理由は、常に需要があり、買取店もすぐに売却できるため高い換金率で買取が行われているのです。

ただし、繁忙期と閑散期で買取相場も変わってきますが、回数券の有効期限がどれだけ残っているのかも変わってきます。

新幹線回数券を使った現金化の違法性とは

実際に新幹線回数券を購入してクレジットカードの現金化を行うときに気なってくるのは、違法性があるのかどうかです。

まず、違法性についてですが、新幹線の回数券を購入後に金券ショップで買い取ってもらうこと自体が法律に触れるということはありません。

しかし、多くのカード会社では現金化を目的としたショッピング枠の利用を規約で禁止しているため、規約違反に当たる場合がほとんどです。

クレジットカード現金化って違法じゃないの

クレジットカード現金化は違法?法律違反になる場合・リスク・注意点

続きを見る

新幹線回数券を利用して現金化するメリット

クレジットカードの現金化を新幹線の回数券を使って行うメリットには、大きく分けて次の2つのメリットが挙げられます。

換金率が比較的高い

まず1つ目のメリットは、新幹線の回数券は金券ショップでの換金率が比較的高いことが挙げられます。

新幹線を少しでも安く利用したい人からの需要が非常に多く、金券ショップでは常に高い換金率で買い取ってくれます。

そのため、業者を使うよりも効率よく現金化を行えることがほとんどです。

多くの金券ショップで取り扱ってる

また、新幹線回数券は多くの金券ショップで取り扱われているのもメリットになってきます。

新幹線の回数券は基本的に多くの金券ショップで取り扱っているため、買い取ってもらえる金券ショップを探す必要がほとんどありません。気軽に現金化を行いやすいです。
クレジットカード現金化メリット・デメリット

クレジットカード現金化するメリットとデメリット

続きを見る

新幹線の回数券で現金化を行う際に気を付けるべきこと

新幹線回数券を使って現金化を行う場合、何点か気を付けるべきポイントがあります。続いては、そのポイントについて詳しく紹介していきます。

カード会社に現金化がバレやすい

まず注意点として、現金化での利用がバレやすいということです。各クレジットカード会社では不正な利用がないかシステムを使って監視を行っています。

特に、普段利用者が行わないような取引があるとシステムに引っかかるようになっており、新幹線の回数券を大量に購入した場合も引っかかることがほとんどです。

新幹線回数券はカード会社が目を付けている商品の1つ

新幹線回数券はカード会社が目を付けている商品であることも注意点の1つです。新幹線回数券はクレジットカードで購入できる換金性高い商品の1つです。

現金化で使われることが多いため、不正利用ではないかチェックが厳しくなっているためクレジットカード会社に現金化がバレないように注意が必要になってきます。

no image

なぜバレる?クレジットカード現金化を疑われた人の共通点・原因とは?疑われないための対処法

続きを見る

新幹線回数券でのクレジットカード現金化がバレたらどうなるのか?

新幹線回数券での現金化がバレたら規約違反ということでカード停止の処分になる場合があります。さらに、クレジットカード会社によっては利用料金の一括請求になることもあります。

そして、そうなった場合は債務整理を行おうとしてもできないことがほとんどのため、注意が必要です。

新幹線回数券での現金化がバレないようにする方法

新幹線回数券での現金化がバレるとカード停止などのリスクがありあるため、バレないようにする対策が必要です。続いては、新幹線回数券での現金化がバレないようにする方法を紹介します。

一度に大量の回数券購入は避ける

新幹線回数券での現金化がバレないようにするためには、まず一度に大量の回数券を買わないようにすることが大切です。

新幹線回数券は6枚つづりで3か月間有効なため、基本的に複数購入することは少ないです。

大量に新幹線回数券を購入すると、クレジットカード会社から怪しまれやすいです。そういったことから、現金化を行う際は回数券の大量購入は避けましょう。

できるだけ自宅や職場近くのエリアの新幹線回数券を購入する

できれば自宅や職場の近くの駅から発着する回数券を購入するのもポイントです。

自宅や職場近くの駅から発着する回数券であれば通常利用である可能性が高いとクレジットカード会社も判断することが多いため、現金化目的での利用だとバレにくいです。

新幹線回数券を使うと危ない!安全に現金化したい人は専門サイトで

新幹線回数券を使った現金化は回数券の購入と金券ショップに行く手間がかかりますし、なにより普段新幹線を使わない人などはバレるリスクがあります。

いそいで現金化したいけどバレると元も子もありません。

急いで現金が欲しい人におすすめな方法としてはやはり「クレジットカード現金化優良店」を利用した現金化です。

新幹線回数券を使った現金化のまとめ

今回は、クレジットカードで新幹線の回数券を購入し、現金化をする方法や注意点について詳しく紹介してきました。

新幹線の回数券は多くの金券ショップで取り扱いがあるため、クレジットカードの現金化に使われることが多いです。しかし、一度の大量購入があるとクレジットカード会社に現金化がバレてカード停止になるリスクもあります。

新幹線の回数券を使って現金化を行う場合は、リスクも十分理解して行っていきましょう。

© 2021 【クレジットカード現金化辛口比較】悪質業者の見分け方